2019年07月13日

【動画】愛知縣護國神社


aichigokokuAKIRA Travel Channel 1フーテンのアキーラ海外見聞録日本倦怠企画チャンネルねくら神社・仏閣挙式専門店_晴レの日Asai Tadayuki から。














動画概要:
1)2017/12/14 に公開

2)2015/06/02 に公開
国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記
http://yukokunoshi-akira.com/
アメブロ(憂国の士アキーラ世界1周・日本1周旅行記のブログ)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi
Youtube別チャンネル(憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel2)
https://www.youtube.com/channel/UCU73nZx4SBPzHfrdUZxBWlA
Youtube別チャンネル(ジャーナリスト大川原 明)
https://www.youtube.com/user/Chann/UCEfs6mugbMR65m4RmF1hXIw
平成26年(2014年)6月15日に久しぶりに名古屋市の愛知県護国神社を参拝。

3)2017/02/25 に公開
毎年、護国神社では慰霊祭が開催されております。
2017年2月26日から日本倦怠企画が気まぐれに配信いたします。
また久々に公開致します♪

4)2017/08/17 に公開

5)2019/04/30 に公開
愛知縣護國神社
Wikipedia:愛知縣護國神社

わりといろいろな護国神社を見てきましたが、TVCMというのは初めてかしら? 他にも車祓のバージョンhttps://youtu.be/h6UcpGc6RPYなどもあるようで。名古屋ではこういうのがフツーに放送されたりしてるのかしら。
何にせよ、つまるところ、常日頃からそれだけ親しまれているということでしょうか。youtubeにもわりとたくさん動画がUPされているようです。
Youtube:愛知 護国神社
チェックしてみていただければ、と。

愛知縣護國神社は明治元年、尾張藩第十四代藩主徳川慶勝が、戊辰の役で戦死した藩士ら25人の招魂祭を行い、翌明治二年五月、その神霊を「旌忠社」に祀ったのが創建とされているようです。ちょっと珍しい名前ですが……
その後明治八年に「招魂社」、明治三十四年に「官祭招魂社」へと改称。昭和十年には現在地に遷座し、その四年後には例の内務省令が出されて「護国神社」へと改称したようです。
しかしながら、昭和二十年三月、名古屋大空襲によって当時の社殿は消失。
Wikipedia:名古屋大空襲
総務省:一般戦災死没者の追悼 > 名古屋市における戦災の状況(愛知県)
占領期を経て、昭和三十三年にまず本殿、拝殿などを復興、昭和五十七年に社務所、平成十年に神門、舞殿、廻廊が竣工され、現在の姿になったとのこと。わりと近年まで「戦災復興」が続けられていたようです。
別の言い方をすれば、長年にわたって、護国神社の復興を支えていた人たちがいた、ともいえるわけで……その心意気が賑やかな祭りの光景や動画の多さ、TVCMの存在などに反映されているのかもしれません?

つけくわえると、上のリンク先の総務省のサイトによれば、
 名古屋は工業都市であり、三菱重工業名古屋発動機、同名古屋航空機、愛知航空機、愛知時計電機、陸軍造兵廠、住友金属工業、大同製鋼、神戸製鋼、日本車輌製造、名古屋造船、岡本工業、大隈鉄工等、多くの工場が立地していた。

 また、名古屋は航空機産業のメッカであり、とりわけ航空機生産の最大拠点である三菱重工業名古屋発動機は、東京の中島飛行機武蔵野工場とともに、米軍の日本本土空襲の第一目標であり、繰り返し目標爆撃の対象となった。
だそうで……
三菱といえば、ゼロ戦はじめ、何かいろいろ作っていたところですね。
Wikipedia:三菱重工業 - 第二次世界大戦前
今もヒトマルとか自衛隊の特車や航空機などいろいろ三菱ですし。
Wikipedia:三菱重工業 -
防衛
自衛隊機
シャウチホコとナナちゃんだけの町ではない、というところでしょうか(<アタリマエ)

以下、「大東亜戦争詩文集 (近代浪漫派文庫)https://amzn.to/2Jwi69w」から、愛知県出身者の詠草をいくつか。。
うつそみのもろき涙は胸にひめ皇道に狂はむ神祈りつゝ (岩瀬豊雄)
はたとせと三つのいのちはうつしよにかふるものなし母のふみみる (井上長 海軍少尉)
益良雄の鑑といつくかなしびの神の御苑に桜花散る (岡部弥三郎)
先輩の歌へる此の心此の身一つ捨て所唯紺碧の空の広けさ (河原塚国守)
いざたたん八幡の前誓ひたて皇御国を護る神風 (高橋賢光 海軍二等飛行兵曹)
国思ふ若き命は山ざくら今ぞ男々しく南海に散らん (成瀬謙治 海軍中尉)
皇国の若き男児の本懐を笑つて散つたこの心かな (新美昭二)
征く人も見送る人も唯一つ思は同じ大君のため (平野亨 海軍少佐)
嵐吹き散りてゆきなん桜花又と咲く日は大君の辺に (山田見曰 海軍一等飛行兵曹)

Amazon:
全国護国神社巡拝ガイドブック~ご朱印めぐりの旅~
故郷の護國神社と靖國神社―「故郷の護國神社展」の記録 (シリーズ・ふるさと靖國)
「戦没者慰霊」と近代日本 殉難者と護国神社の成立史
大東亜戦争詩文集 (近代浪漫派文庫)
楽天ブックス:
全国護国神社巡拝ガイドブック ご朱印めぐりの旅 [ 山中浩市 ]
故郷の護國神社と靖國神社 「故郷の護國神社展」の記録 (シリ-ズ・ふるさと靖国) [ 靖国神社 ]
「戦没者慰霊」と近代日本 殉難者と護国神社の成立史 [ 白川哲夫 ]
大東亜戦争詩文集 (新学社近代浪漫派文庫) [ 田中克己 ]
ラベル:護国神社
posted by 蘇芳 at 01:38|  L 護国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする