2019年06月22日

【動画】「三河武士団はプロパガンダの名人だった!」椿 倉山満


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/04/14 に公開

歴史は勝者が書く。
すべての歴史は誰かしらのプロパガンダ。

そんなことは当たり前で、嘘と嘘のせめぎあいの中から矛盾を掘りだし、真実を手繰り寄せるのが学問としての歴史のひとつの側面かもしれませんし、それをわかったうえであえて自分に都合よく事実を取捨選択して物語をでっちあげるのが武器としての歴史というものかもしれません。
(学術書ではなく教養書、といってごまかすくららの本は多分に後者の要素も含んでいる…かも?)

「勝てば官軍」という言葉がある時点で、本来、日本人はそうしたプロパガンダの本質を自然に理解していたはずだと思いますが。。
裏を返せば「負ければ賊軍」、だから何を言われても仕方無いと、潔く甘受しすぎなのかもしれません。

それだけあの「敗戦」は「未曽有」だったのでしょうか。。

Amazon:バカよさらば - プロパガンダで読み解く日本の真実 -
楽天ブックス:バカよさらば プロパガンダで読み解く日本の真実 [ 倉山満 ]
posted by 蘇芳 at 01:38| 戦国~織豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする