2019年06月20日

【動画】【断舌一歩手前】“反皇室”共産党が証明してくれた「男系男子」の正統性[桜R1/6/18]


SakuraSoTV から。


(youtubeから引用)
2019/06/18 に公開
今回は、党是として「天皇制廃止」を掲げてきた日本共産党が、「女系天皇容認」を明言した本当の意味についてお話しいたします。

出演:三輪和雄(日本世論の会会長・正論の会代表)


本当に深刻な問題は、内閣法制局や宮内庁など、本来は日本を守るべき官僚たちが、骨の髄まで反日に洗脳されていることであって、
それに比べれば、朝日・毎日・共産党など、わかりやすい敵の存在は、むしろ、一周回ってお役立ち集団かもしれません?
こちらだったかこちらだったか忘れましたが、某クラヤマミツルが「敵は読売」と言っていたのもむべなるかな。
これを奇禍として、国民が知恵を付け、むしろ似非保守の駆逐をこそ進めたいところです。。


事実を整える:
女系天皇容認論者撃退マニュアル1天照大神(アマテラス)が皇祖神だから女系でOK?
女系天皇容認派撃退マニュアル2:高森明勅、小林よしのりの論理破綻 - 事実を整える
Amazon:
皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉
皇統断絶計画-女性宮家創設の真実
皇統は万世一系である
萬世一系を守る道―なぜ私は「女系天皇」を絶対に容認できないのか
天皇という「世界の奇跡」を持つ日本
語られなかった 皇族たちの真実
新聞という病
天皇家 百五十年の戦い[1868-2019]
東大法学部という洗脳
ラベル:天皇 共産主義
posted by 蘇芳 at 00:35| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする