2019年06月19日

【動画】チャーチルはどうやってアメリカを第二次大戦に引き込んだのか?! 日本人だけが知らないインテリジェンス 柏原竜一 秋吉聡子


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/06/18 に公開
「ルーズベルト三選は、英国情報部が実現した」
大戦中ニューヨークに置かれたイギリスの情報機関BSCとは何か?

動画では今のところ「米英」の話だけに限定されていますが、ルーズベルト政権が「ソ連」のスパイだらけの左翼政権だったことは、ヴェノナ文書公開以降、明らか。ついでに英国のほうにも、このころすでに、ケンブリッジファイブをはじめとするソ連のスパイ網が形成されていたわけで……
「真珠湾」の裏で何が行われていたのか、ヴェノナ文書公開から四半世紀を過ぎた今なお、私たちはまだまだ知らないことのほうが多すぎるくらいなのかもしれません。

Amazon:
暗号名イントレピッド (上) (ハヤカワ文庫 NF (118))
暗号名イントレピッド (下) (ハヤカワ文庫 NF (119))
日本人として知っておきたい世界史の教訓
インテリジェンスの20世紀―情報史から見た国際政治
真珠湾の裏切り―チャーチルはいかにしてルーズヴェルトを第二次世界大戦に誘い込んだか
奇妙な同盟 I 〔ルーズベルト、スターリン、チャーチルはいかにして第二次大戦に勝ち、冷戦を始めたか〕
奇妙な同盟 II 〔ルーズベルト、スターリン、チャーチルはいかにして第二次大戦に勝ち、冷戦を始めたか〕
戦争を始めるのは誰か 歴史修正主義の真実 (文春新書)