2019年04月28日

【動画】じっくり学ぼう!18世紀 第11回「ウィリアム・ピットと七年戦争 ~世界を支配する大英帝国」 秋吉聡子 倉山満


チャンネルくらら から。


動画概要:
2016/03/14 に公開
史上初の世界大戦「7年戦争」で、大ピットはどうやって英国を一人勝ちさせたのでしょうか?
Wikipedia:七年戦争

この戦争自体は日本人にはあまりなじみもありませんし、知らなかったからといってそこまで困りもしない気はしないでもありませんが。。
そろそろ「新大陸」が登場してきたのには注意が必要かもしれません?
少し先の話ですが、19世紀、ペリー来航(1853)以前にも、レザノフ(1804)やらフェートン号(1808)やらゴローニン(1811)やら、いろいろゴタゴタはしていたわけですが。最終的に徳川幕府が「開国」した最初の相手が米国。その選択の意味は~というのは倉山氏による幕末史のひとつのポイントでもあろうかと思いますが、その「米国」がまもなくそろそろ誕生しようかというわけですからね(7年戦争は1754年~1763年、米国独立宣言は1776年)。

貴婦人たちの同盟とか何とか、欧州の…要は他人の喧嘩ですから、それ自体に対しては、それこそマンガ的な野次馬的な興味くらいしか持ちにくいかもしれませんが、米国の建国前史、ひいては黒船前史として考えれば、多少、日本史との関連で興味を繋ぎやすくはなるかもしれません?

ちなみに7年戦争当時の徳川将軍は第9代家重(在任:延享2年(1745年)- 宝暦10年(1760年))、アメリカ独立宣言のころは第10代家治(在職:宝暦10年(1760年) - 天明6年(1786年))だったようです?
有名な8代吉宗と、11代オットセイ家斉の間ということで、彼らに比べれば家重も家治も地味で目立たない知名度の低い将軍たちかもしれませんが……家重・家治の時代というのは、別の言い方をすれば「田沼時代」でもあるのですかね?
Wikipedia:
徳川家重
徳川家治
田沼意次
そんな時代に欧州では~北米大陸では~と対比するだけでも、また少し、歴史の見通しがよくなるものではあるかもしれません?

Amazon:
嘘だらけの日英近現代史
嘘だらけの日仏近現代史
嘘だらけの日独近現代史
嘘だらけの日米近現代史
ヨーロッパ史における戦争
七年戦争(上)
七年戦争(下)
posted by 蘇芳 at 01:42|  L 「じっくり学ぼう!18世紀」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする