2019年04月04日

【動画】2時間でわかる政治経済のルール第3回「増税は阻止できるか?~安倍一強の法則」椿 倉山満


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/02/17 に公開
★2月20日新発売!『2時間でわかる政治経済のルール 』(講談社+α新書) 倉山 満
https://amzn.to/2Udkjiu

Wikipedia:青木幹雄
よりにもよって 島 根 県 の議員さんが、「日韓議員連盟(副会長)」とか「日韓トンネル研究会(顧問)」とか、ついでに「人権擁護法案推進」……どのへんが希望なのか、wikiではサッパリわかりませんが。
「逆臣 青木幹雄 https://amzn.to/2UzNZ8G」でも読めばいいのかしら?
敵と見なした人間や、邪魔な人間を争わずに根回しで食っていく青木という人間がよく分かる一冊です。
大恩人であるはずの竹下登の地盤を丸ごと乗っ取り、折々に、義理も忠誠心もたやすく捨て、裏切りを裏切りとも自覚せず、時の権力者たちの下にするりと身を翻しては入り込み、その陰で、匠に人を操っては欲しいままの権力の座を次々に奪い取っている青木幹雄の様は極めて不気味だ。
そして一番深く焼きついたのがキングメーカー森を生んだキングメーカーが青木であり、清和会を操る森をさらに操っているのが青木ということだ。
うん。とりあえず内側から壊すのが得意そうではあります?
そういう意味では日韓ナンチャラの「真意」もわかりませんか。
wiki情報なので真偽は知りませんが、一応、「女系天皇に反対」「天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟(顧問)」「日本会議国会議員懇談会(顧問)」「神道政治連盟国会議員懇談会」とか、保守系っぽい文字も見えなくはないですしね。
もっとも、日韓ナンチャラの真意がわからないとするなら、こちらの「真意」だってワカラナイことにもなりますし、たとえ真正保守だったとして、K国を甘やかしてきたのは保守だという話もあるわけですが。。
よもぎねこです♪:韓国を甘やかしたのは?

何にせよ、改元の年に政変あり、というのが本当なら、またぞろこういう↓タイプの人を必要とするのが永田町ではあるのかもしれません?
産経ニュース:【自民党総裁選】参院竹下派は石破元幹事長を支持 議員50人前後固める 衆院議員の大半は安倍首相支持
zakzak: “ドン青木”号令、参院の竹下派が石破氏支持へ 自民党総裁選
その「あと」が大局的に見て良い方に転ぶのかどうなのかワカリマセンが。。
というか、他でもない、倉山氏自身が「果たして青木氏は、日本の救世主か。それとも大悪魔か。」とか何とか書いて濁してますな。これも「保守商売」のレトリックかしら?
日刊SPA!:今回の自民党総裁選は「石破の善戦」というより「青木の勝利」だ――倉山満
 安倍首相は、「憲法9条改正と消費増税10%」を掲げて総裁選挙を勝った。来年は統一地方選挙と参議院選挙がある。選挙の年に改憲と増税を掲げるなど正気を疑う。

 そこにお灸を据えたのが、青木幹雄氏だ。今回の総裁選は、「石破の善戦」と言うよりも、「青木の勝利」と評すべきだ。青木氏の影響下にある参議院竹下派が味方しただけで、この結果なのだから。
小泉内閣は、それまでの親中政策をすべてひっくり返した。当時のブッシュ大統領との蜜月は、今の安倍・トランプとは比較にならない。5人だけとはいえ、北朝鮮拉致被害者を奪還した。これにより一夜にして日本の世論は「北朝鮮許すまじ」と変わった。そうした小泉内閣を支えたのが、青木氏である。
 青木氏は滅多に本心を明かさない。煮ても焼いても喰えない、練達の政治家である。しかし、少なくとも麻生太郎や二階俊博を信じるよりは希望がある。
果たして青木氏は、日本の救世主か。それとも大悪魔か。
2Fに比べりゃまだ「希望」ですか💧

Amazon:2時間でわかる政治経済のルール
楽天ブックス:2時間でわかる政治経済のルール (講談社+α新書) [ 倉山 満 ]
posted by 蘇芳 at 20:21| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする