2019年04月04日

【動画】安達誠司のマーケットニュース「中国がついに対外開放路線に転換!?」江崎道朗


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/04/03 に公開
米中貿易交渉で、中国がついに対外開放路線に転換する?!

5Gについては、たとえ技術があったところで、盗まれて終わりなのが日本ではないかとw
盗まれるどころか進んで献上するかもしれませんねぇ。。

ただ、チャイナがあまりに節操なくあちこちから技術を盗みまくった結果、プロダクトサイクルーー技術が陳腐化する速度が加速して、結局、盗んだ側も稼げる期間がどんどん短くなっている……という話も、少し前に出ていた気がします。
【動画】安達誠司のマーケットニュース「中国が中所得国に逆戻り!?」
盗まれる日本も間抜けですが、盗めば盗むほど長期的には自分の首を絞めるというのが本当なら、盗むチャイナもたいがい間抜けというべきでしょう。

してみると、今の日本の技術では~と聞くと情けないというかさみしい気もしますが、一方で、焼き畑型というか掠奪型の悪循環から、日本企業は「いちぬけ」したという側面もあるのだとすれば……結果的にはうまく立ち回ったとも言えるのでしょうか?
何やら”酸っぱい葡萄”めいて聞こえなくもない話ですが💧

目先の動きに一喜一憂しないのが正しいのか、些細な兆候も見逃さないのが正しいのか、経済などというものは結局結果論でしか語れないものなのか、よくわかりませんが……
現在の「小康状態」とやらも、そうしたチャイナのチャイナたるゆえんを考えれば、とうてい額面通り受け取るわけにもいかないというか、所詮、焼け石にナントカのような気がするのは、単なる当方の願望ですかね? 個人的には、そもそもチャイナとコリアとイタリアと聞くと、その時点でもう、何というか、味方にすると不安になりそうな国ばかりのような気がして、逆に”こちら側”は安心という気がしてこないでもないのですがw そんな甘いものでもないのですかねぇ。。

楽天ブックス:
中国経済はどこまで崩壊するのか (PHP新書) [ 安達誠司 ]
米中もし戦わば 戦争の地政学 [ ピーター・ナヴァロ ]
静かなる日本侵略 中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる [ 佐々木類 ]
2019年 表と裏で読み解く日本経済 米中覇権戦争が生むポスト平成の正体 [ 渡邉哲也 ]
西洋の自死 移民・アイデンティティ・イスラム [ ダグラス・マレー ]
ラベル:安達誠司