2019年03月21日

【動画】[京都二十四節気] 春分


N.a. から。


動画概要:
2013/01/09 に公開
◆春分(しゅんぶん)
昼夜の長さがほぼ同じになる日
新暦3月20日~4月3日頃


花見  ~春分の自然~
春、爛漫と咲き誇る桜は、今も昔も日本人を花見の遊山へと誘います。花見の宴を最初に行ったのは、平安貴族だといわれます。もともとは中国から伝えられた梅を愛でる宴が開かれていましたが、やがて日本土着の桜に人気が移り、桜の宴を行うようになりました。
しかし日本には、それよりずっと以前から花見があったといわれます。農民たちは桜の木の下に酒や食べ物を持ち寄り、花に宿った稲の霊を迎え、花の咲き具合で秋の実りを占っていました。
現在の花見は、この貴族と農民の風習がもとになって生まれたとも考えられています。

春彼岸  ~春分の暮らし~
春分の日を中日とした前後3日ずつの7日間は、春のお彼岸です。
仏教では、悟りの境地・極楽浄土を「彼岸」、迷いや煩悩に満ちたこの世を「此岸」といいます。かつて日本では、西の彼方にご先祖様のおられる極楽浄土があると信じられていました。太陽が真西に沈む春分は、もっとも極楽浄土に近づけるとされ、この日に仏事が行われるようになったといわれます。
昔から、春彼岸には「ぼたもち」を、秋彼岸には「おはぎ」を食べる慣わしがあります。これは、春には牡丹が、秋には萩が咲くため、という説があります。

Present by 京福電気鉄道(株)(制作2010年3月)

仏教的にはお彼岸ですが。宮中祭祀的・神道的には春季皇霊祭?
まあ、何式にせよ、祖霊祭祀の日には違いないでしょうか(「供養」でもいいですが)。

ついでに日本中がソワソワしはじめる時期でもありますね。。


 世の中にたえて桜のなかりせば春のこころはのどけからまし
なりひら
まあ、心置きなく楽しむためにも、その前に、お墓参りはきちんとすませておきたいところでしょうか。

Amazon:
はじめてふれる日本の二十四節気・七十二候〈1〉春 桃始めて笑う
旧暦で楽しむ日本の四季 二十四節気と七十二候 (宝島SUGOI文庫)
花見と桜―“日本的なるもの”再考
京都桜案内 (SUIKO BOOKS 147)
posted by 蘇芳 at 01:41|  L 「京都二十四節気」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする