2019年03月14日

【動画】日本人だけが知らないインテリジェンス「パットン大戦車軍団に騙されてはいけないノルマンディー上陸作戦」柏原竜一 秋吉聡子


チャンネルくらら から。


動画概要:
2019/03/13 に公開
まるで映画のような、イギリスの対ドイツ情報戦争!?

推理小説方面の話ですが、「完全犯罪」には3種類ある、というような説があった気がします。
1.犯人がわからない
2.犯人が捕まえられない
3.犯罪の存在自体が発覚しない
このうち、最も「高級」(?)な、エレガントな、本当の意味での「完全」犯罪は、3番目のそれだそうで。。

ノルマンディーはまさにその実例といったところ?
アングロサクソンおそるべしというか何というか。。
オトモダチにはなりたくないが、敵に回したくはないというところでしょうか。

日本で一番「有名」なスパイは明石元二郎だー、とか言ってしまう時点で、彼らから見れば児戯でしかないのかもしれませんね。。

まあ、発覚しないスパイこそが真に優秀なスパイだとすれば、ロクなスパイの存在が知られていない日本こそ、実は本物の優秀なスパイに満ち溢れたスパイ大国だという可能性も微粒子レベルで……………とか何とか。
ネタで言っていても空しくなりますな💧

間違いなく「スパイ天国」ではあるのですけどねぇ。。


Amazon:
インテリジェンス入門
英国二重スパイ・システム - ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦
二重スパイ コード・ネーム「ガルボ」: 史上最も偉大なダブル・エージェントがノルマンディ上陸作戦を成功に導くまで
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線