2019年02月27日

【動画】すばやく学ぼう!世界と日本 第6回「ユダヤ人の悲惨な宿命」


チャンネルくらら から。


動画概要:
2014/05/18 に公開
「ユダヤの陰謀」の前にこれだけは知っておいてほしい、ユダヤ人ってどんな人?という話です。ユダヤとイスラエルは違う!

ユダヤ教は危険ではない、とか何とか言いますが……
実際に読んでみると、異教徒を老若男女赤ん坊の一人に至るまで残らず皆殺しにしましたという自慢が何度も何度も何度もくりかえし出てくるのが旧約聖書だった気もします。真面目に読んでもいないのでうろ覚えですが。

ヨーロッパよりイスラム圏のほうが文明的だとか、キリスト教がユダヤ教より危険だとか、倉山氏も逆説をもてあそぶのがお好きなようですが……
それも時代によりけりではないかなー、というか何というか。

こちらでチラッと個人的な思いつきを書いてみましたが……
ルネサンスにおいて、本来、ユダヤ・キリスト教とは縁もゆかりもない、ギリシアの多神教文明を、無理やり接ぎ木したことが、欧州にとってわりと画期的だったような気はしないこともありません。
(まあ、内輪の殺し合いが外へ向かうようになっただけのような気もしますが)

そもそも、ユダヤやイスラムがキリスト教よりエライというなら、他でもない現代、その二者こそがあいかわらずエルサレムをめぐって殺し合いを続けていて、その殺し合いに直接関与していないのが、「危険」なはずのキリスト教なのは何でですかね……
(まあ、「間接的」な関与のほうが狡猾で邪悪だと強弁することもできなくはないかもしれませんが)
しかもピューリタンの国がイスラエルをしつこく支援しつづけるのですからなおさら謎です。

小村寿太郎のせいで大東亜戦争が起きた式の与太を真に受けることはありませんが。
ユダヤ関連の言説が、陰謀論とそれ以外、にきれいに二分できるわけでもないでしょう。
「それ以外」のほうの言説だってピンキリなはずですし……
年季の入った殺し合いの歴史ですから、フクザツすぎて今さら基礎知識のおさらいくらいではどうにもならない気がしないでもありません。

Amazon:
小型聖書 - 新共同訳
物語 エルサレムの歴史―旧約聖書以前からパレスチナ和平まで (中公新書)