2018年12月27日

【動画】張作霖暗殺事件 1~2


tkyokinken から。





動画概要:
1)2011/09/28 に公開
河本はダミー、黒幕ソ連、爆弾は橋と列車屋根、張作霖は軽傷。現場から自邸に向かった後に殺害か。犯人は誰か。

2)2011/09/29 に公開
事件直前の満州の緊迫した状況、国際関係理解がカギ

前回チラッと言及した満洲。
そこで言及されていた「謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)https://amzn.to/2ERlL1N」にも準拠?した動画。4回シリーズの前半2回。
講師は落合道夫https://amzn.to/2RoraDG。わりとAmazonでKindleを販売していた方ですが、少し前に紙書籍も出版されたかと。
黒幕はスターリンだった 大東亜戦争にみるコミンテルンの大謀略https://amzn.to/2RhTdnV

日本の敵のプロパガンダというのは戦後も延々と継続。現在も進行中ですから、張作霖についても本当のことというのはなかなかわからないでしょう。市販の書籍も偏った姿勢で書かれている可能性を疑う必要が常にあるのは厄介です。

そんななか、少数でも、こうした研究が発表されうるようになってきたのは何よりかと。

ロシアとチャイナとコリアの間に位置する満洲。
誰が人殺しでも誰が嘘吐きでもおかしくない混沌とした状況ですが……
「犯人捜し」の結論自体はさておき、まずは何より、あの写真の不自然さだけでも、疑問に思ってみてもよいのではないでしょうか。

Amazon:
謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)
黒幕はスターリンだった 大東亜戦争にみるコミンテルンの大謀略
マオ―誰も知らなかった毛沢東 上
マオ―誰も知らなかった毛沢東 下
中国共産党の罠: 満洲事変から盧溝橋事件までに本当は何が起きていたか
満洲国建国の正当性を弁護する
「満州国建国」は正当である
日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献 (扶桑社新書)
学校では教えられない歴史講義 満洲事変
コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)
ラベル:落合道夫 満洲
posted by 蘇芳 at 19:42|  L 大東亜戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする