2018年12月18日

【動画】安達誠司のマーケットニュース「イギリスEU離脱まであと約100日・フランス、ドイツ経済は?」江崎道朗


チャンネルくらら から。


動画概要:
2018/12/17 に公開
※テロップに誤りがあったため、再度配信しました。失礼いたしました。
・残すところあと約100日、イギリスEU離脱(ブレグジット)どうなる?クリアリングハウス(清算機関)問題とは?
・フランスで激しいデモ、背景にマクロンの経済改革が
・次の欧州危機、きっかけは○○か?
Wikipedia:欧州連合からのイギリス脱退

フランスというのは暴力革命の元祖ですし。
ドイツはドイツで分断国家だったわけで。半分は元共産国。
そんな国々と英王国が経済統合するというのがもう根本的に違和感しかない気がしないでもありません。

動画でも理念が先行する地域とか言われていますが……
欧州全体が、またぞろ間抜けな夢を見たインテリにでも踊らされたのですかね?

終盤ではお二人もさっさと離脱したほうが(英国的には)良いような話になっていますが、
実際、それが自然かと。
そのあたり、ギリギリのところで判断を間違わない、英国の目端の利き具合は、さすがというべきかもしれません?

Amazon:
デフレと戦う――金融政策の有効性 レジーム転換の実証分析
英EU離脱 どう変わる日本と世界 経済学が教えるほんとうの勝者と敗者
ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める (幻冬舎新書)
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
ラベル:安達誠司