2018年12月01日

【動画】桜林美佐の国防ニュース最前線「米中覇権争い~AI軍事革命で何が起きる?」渡部悦和 江崎道朗


チャンネルくらら から。


動画概要:
2018/12/01 に公開
中国人民解放軍が進める「AI軍事革命」は北のミサイルより恐ろしいhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/53869
ロイター:中国の産業スパイを逮捕、航空宇宙企業を標的=米司法省
ロイター:トランプ政権、中国人留学生の審査厳格化を検討 諜報活動を警戒
海外ニュース翻訳情報局:【米国:必読論文】アメリカの高等教育における中国の政治的な影響と干渉の活動に関する予備研究

戦前、日本にも治安維持法をはじめとする立派な法律がありました。
それでもゾルゲ事件を「未然」に防げたわけではありません。
戦前の米国にもスパイ防止関連の法律は多々あったのでしょうが、スパイの巣窟・ルーズベルト政権を抑止できたわけではまったくありません。
スパイ防止法を作れという声はありますし、もちろん必要には違いありませんが。作ったところでうまく運用できなければ絵に描いた餅。まかりまちがって再びルーズベルトやポッポやスッカラカンのようなスパイ政権が成立すれば、かえって国民弾圧の道具にも容易に転化するでしょう。
スパイ防止法を悪用するスパイ政権の成立を阻止するためにもスパイ防止法は必要、というと、どうにも鶏と卵のような話ですが……。
だから「お手上げ」で済む話ではありません。
緊張感や責任感、それどころか「国家」や「国益」といった概念すら持っているかどうか疑わしい、政・官・財、そして国民の意識を、根本から変えなければ、いいかげん、手遅れになるのではないでしょうか。

Amazon:
米中戦争 そのとき日本は (講談社現代新書)
中国人民解放軍の全貌 (扶桑社新書)
日本の有事 - 国はどうする、あなたはどうする? - (ワニブックスPLUS新書)
静かなる日本侵略 -中国・韓国・北朝鮮の日本支配はここまで進んでいる
GAFA vs.中国 ――世界支配は「石油」から「ビッグデータ」に大転換した
日本掠奪―知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態
あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ
盗まれる大学:中国スパイと機密漏洩
中国の産業スパイ網 世界の先進技術や軍事技術はこうして漁られている
Silent Invasion: China's Influence in Australia
posted by 蘇芳 at 19:26| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする