2018年11月29日

【動画】日本人だけが知らないインテリジェンス「2001年アメリカ同時多発テロ真犯人は誰か」柏原竜一 秋吉聡子


チャンネルくらら から。


動画概要:
2018/11/28 に公開
産経ニュース:コラムニストの勝谷誠彦氏死去、57歳

ご冥福をお祈りいたします。
といっても特に勝谷さんの仕事に注目していたわけでもありませんが……
あらためて検索してみると、
Amazon:
日本でいちばんイスラームを知っている中田考先生に、灘高で同級の勝谷誠彦が教えてもらった! 日本一わかりやすいイスラーム講座
イラク生残記
などの著書もあるようですね。
内容については未読ですから何とも言えませんし、上の動画の内容と直接関係があるわけでもないでしょうが……

動画で言及されているイラクのクウェート侵攻。サウジがビンラディンを拒絶して米国を招きいれた云々~の湾岸戦争以後、9.11を経て、「テロとの戦争」~大量破壊兵器云々~イラク戦争へとつづいていくその流れは、日本でも「海外派兵」論議につながり、勝谷氏が取材したサマワへの自衛隊派遣とも無縁ではないわけでしょう。今にして思えばフェイクメディアがフェイクニュースを垂れ流していたのは当時も同じでもあったでしょうし……勝谷氏が何を見てきたのか、あらためて興味は持てるかもしれません。
その当時の(それ以前からの)グダグダっぷりは、今もなお、解消されたわけでもないのでしょうしね……

動画ではサウジがパキスタン(≒インドの敵国≒チャイナの友邦)の核に資金提供しているという話も語られていて、それだけでもサウジの○○っぷりがわかりますが。しかし、パキスタンはチャイナと同時に米国の同盟国でもあったりしないでもないのですよね。。
Wikipedia:パキスタン - 外交政策
動画の終盤では9.11当時のブッシュ政権から、現在進行形の記者殺害事件まで、米国の煮え切らない態度に触れられていますが……中東がグダグダだから米国が苦慮するのか、米国がデタラメだから中東がグダグダになるのか。。

とりあえず上のwiki的には、
1990年、東西冷戦の終結が唱えられる中、アメリカのジョージ・H・W・ブッシュ政権はパキスタンによる核開発疑惑を理由に軍事援助を停止したが、1996年にはビル・クリントン政権によって再開されている。
だそうで。民主党がロクなことをしないのはいつものことですが。やはりリベラルとかパンダハガーとかサイレントインベージョンとか、アレ方面の話ですかねぇ。。

米国サマも、覇権国を名乗るのなら、腕力以外ももう少しシッカリしてほしいというか何というか……
極東もきな臭くなりつつある現在。他人事ではありませんねぇ。。
(セキュリティダイヤモンド構想は、日米豪がインドと組んでチャイナを封じ込めるわけですから、今度はまたパキスタンの立場は?てなものでしょうか。どこぞの手先の皆さんが発狂しそうですな)

Amazon:
陰謀と虐殺――情報戦から読み解く悪の中東論
インテリジェンス入門 英仏日の情報活動、その創造の瞬間 Kindle版
米中新冷戦 偽ニュースとプロパガンダ全内幕
中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)
Newsweek (ニューズウィーク日本版)2018年11/6号[サウジ、血の代償]
アルカイダ
21世紀のイスラム過激派:アルカイダからイスラム国まで
大間違いのアメリカ合衆国