2018年10月19日

【動画】伊福部昭:絃楽のための「日本組曲」


kukikei から。


動画概要:
2012/09/21 に公開
作曲:伊福部昭
指揮:本名徹次
演奏:芥川也寸志メモリアルオーケストラ・ニッポニカ

1.盆踊
2.七夕
3.演伶
4.佞武多

A.Ifukube JAPANESE SUITE for Strings (1933/1998)

1.Bon-odori
2.Tanabata
3.Nagashi
4.Nebuta


http://kukikei.sakura.ne.jp/
Wikipedia:日本組曲 (伊福部昭)

時々着ぐるみが暴れ出しそうな気がするパートもあるかもしれませんが……
そもそもこの人、デビュー曲が「日本狂詩曲」なわけですしね。。
Wikipedia:伊福部昭 - デビュー作・日本狂詩曲
ゴ○ラだけだと思うなよ。というところでしょうか。

というか、西洋音楽を学ぶ日本人こそ、誰よりもダイレクトに「西洋」というものと対峙することになり、必然的に、「日本」を意識させられやすいのでしょうか? 信時潔しかり、山田耕筰しかり……
伊福部昭も、やはり、「日本」というものへのこだわりが、(彼の曲をトクサツでしか知らない人からは想像もつかないほど)、強い作曲家だったのかもしれません。
実際、軽く検索してみると、著書「音楽入門 https://amzn.to/2yrvpn8」では「第十一章 音楽における民族性」などにもきっちりページを割いているようですし、「伊福部昭綴る―伊福部昭論文・随筆集 https://amzn.to/2J6MRRR」には「音楽に於ける国民主義」なども収録されているようですね。

そういえば「日本誕生 https://amzn.to/2PbqqjZ」の劇伴もこの人でしたっけ?
この人のマーチをBGMに光源氏が馬を走らせている映画 https://amzn.to/2J80ZKK というのもありましたねぇ……まあ、「日本」といえば「日本」かw

この人を特撮映画に起用したのが本多だか円谷だか東宝の誰かなのだか知りませんが……彼らも彼らなりにこの人の民族や土俗への関心をちゃんとワカッタうえで起用したのでしょうか。それはそれで大した見識というべきか。
聴く側がそれを知らないでは勿体ないですね。

一般にはどうしても「伊福部マーチ」のイメージが先行してしまいがちですが……
たまにはそれ以外の曲に目を向けてみるのも一興かと。

Amazon:
響-伊福部昭 交響楽の世界
3SCD-0019 「絃楽オーケストラで聴く日本の巨匠たち」
伊福部昭 管絃楽のための 日本組曲 (21ST CENTURY SERIOUS CONTEMPOR) 楽譜
日本の音楽家を知るシリーズ 伊福部昭
音楽入門 (角川ソフィア文庫)
伊福部昭綴る―伊福部昭論文・随筆集
伊福部昭綴る〈2〉―伊福部昭 論文・随筆集
ラベル:音楽
posted by 蘇芳 at 19:52| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする