2018年10月14日

【動画】三島由紀夫が憧れた男とは【CGS 神谷宗幣 村田春樹 第123-3回】


ChGrandStrategy から。


動画概要:
2018/10/09 に公開
前回に引き続き、政治活動家の村田春樹さんにお越し頂きました。三島由紀夫を世に知らしめたのは一般的に清水文雄さんと言われていますが、村田さんが最近調べたところ、新たな人物に遭遇したそうです。三島を世に送り出し、三島が憧れたと思われる男とはいったいどんな人物なのでしょうか?
Wikipedia:蓮田善明

戦前のインテリ、特に軍人のそれが真っ赤に左傾化していたというのは、最近、一般向けの簡便な新書などでもようやく大っぴらに語られるようになってきましたし、そうでなくても実際の戦場の経験からくる厭戦・反戦を経由して左傾化したり、場合によっては捕虜になって洗脳されたりといった軍人さんもいたようで。従軍経験者の著書のいくつかにはぞっとするほど左翼的な戦後ヘイワ主義的なバイアスを感じてしまうこともないではありませんが……
それにしても射殺された上官の変わり身はスゴイですね。
もちろんそれは彼一人の問題ではなく。その後、何十人何百人何千人の中条大佐が陸続としてあらわれたのが「戦後」という時代だったのかもしれませんし、彼らには彼らの言い分があるかもしれませんが……
そうした「戦後」の光景、第二第三第四…の中条大佐の出現を、他でもない、三島由紀夫は、どのような思いで見ていたのか?
蓮田善明の存在を踏まえたうえで、あらためて問い直してみるべきではあるでしょうか。。

Amazon:
三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝
花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)
蓮田善明/伊東静雄 (近代浪漫派文庫)
蓮田善明論/戦時下の国文学者と〈知〉の行方
蓮田善明とその死 (1970年)
現代語訳 古事記 (岩波現代文庫)
蓮田善明全集
posted by 蘇芳 at 20:17| 昭和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする