2018年10月07日

【動画】「日本史上最高の英雄 大久保利通~第3回なぜ西郷隆盛を・・」倉山満 椿


チャンネルくらら から。


動画概要:
2018/09/30 に公開
★9月26日新発売!『日本史上最高の英雄 大久保利通 』
倉山満: https://amzn.to/2Rr7CeJ

歴史にIFはありませんが……

大久保の「30年独裁」が実現していれば、どうなっていたでしょうね?
帝国憲法にせよ議会開設にせよ、実際にそうだった以上に満を持して行うことができた結果、もっと弊害を減らすことができたのでしょうか。
長期政権は必然的に腐敗・変質して、かえって悪い結果になったのでしょうか。
(ちなみに「30年」ということは、明治27~28年の日清戦争はその体制で戦うことになりますが。実際にそうだった道筋と同じ結末を迎えたのか迎えなかったのか、その結果の三国干渉から臥薪嘗胆はどうなったのか。また「30年」独裁であればその戦間期に「民主化」することになりますが、明治37~38年の日露戦争は、さて?)

まあ、妄想はさておき。

民主化を望みながらあえて独裁をやらざるをえなかった偉人、というと、実際に実在した人物として、個人的にはトルコのケマル・パシャを思い出します。
【動画】ムスタファ=ケマル(Historia Mundi の世界人物史)
大久保は道半ばで暗殺されますから、最後までやり遂げたアタチュルクに「匹敵」するとまでいうと、トルコ人が怒るかもしれませんが。覚悟のほどというか、理想を見失わないリアリストとしては、多少の対比くらいは許されるのではないかという気もします。
それくらいスゴイことをやろうとした人だったんデスヨ? と、いうことなら、確かに「英雄」の名に値するのでしょうか。

しかもその「理想」というのが「尊皇攘夷」(開国~富国強兵からの、いわゆる「大攘夷」でしょうか)というのですから……
現代のサムライを僭称する有象無象は、ネット弁慶している暇があるなら、正座でもして大久保の言に耳を傾けてみるべきかもしれません?
実際の成果・結果に結びつけたいなら、考えなしに気勢をあげていればそれでよいというものでもないのですしね。。

Amazon:日本史上最高の英雄 大久保利通
楽天ブックス:日本史上最高の英雄 大久保利通 [ 倉山満 ]
posted by 蘇芳 at 19:23| 江戸時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする