2018年08月21日

【動画】基地のある街 in 小月


防衛省 海上自衛隊 公式チャンネルから。





動画概要:
1)2016/08/09 に公開
海上自衛隊小月航空基地及び基地周辺のおすすめスポット、特産品を紹介する映像です。 小月航空基地HPは、こちら⇒http://www.mod.go.jp/msdf/oz-atg/

2)2016/08/09 に公開
海上自衛隊小月航空基地で働く自衛官を紹介しています。 小月航空基地HPは、こちら⇒http://www.mod.go.jp/msdf/oz-atg/

こちらにつづいて航空基地。
といっても今回は教育部隊が主体のようで。空自でいえば浜松みたいなものかしら?

海自の教育施設というとどうしても江田島の印象が強いですが。パイロット養成は、そうか、そりゃ、別口ですよね。なるほどここで養成していたのかというか何というか……スミマセン、軍事オタクでもないので、小月基地の名前自体初耳でした💦

元は陸軍航空隊の基地だったり、陸自・空自の基地だった時代もあったり、なかなか複雑な沿革があるようで。
海上自衛隊小月航空基地:小月基地の成り立ち
元々は逓信省所管「下関飛行場」として誕生。後、陸軍省に移管。戦時中は陸軍航空隊の基地として運用され、陸自時代には普通科連隊などもいたようですが。空自時代には操縦学校、飛行教育団など、やはりパイロット育成施設として使用されていたようです? そういう立地というか、利便性があったのでしょうか。
(山口県というと当ブログで最近微妙に注目の岩国基地もあるわけで、着々と「最前線」になりつつある気がしないでもないですが)

何にせよ、空自のパイロット養成関連の動画は視聴したことがありますが(そのうち紹介しようと思いつつそのままになっていますが💦)、海自のそれは初めて視聴したので、興味深かったです。

空自のT4練習機は有名ですし、T7なんてのもあるようですが。
海自はT5なのですね。

同じ航空隊といっても、陸海空自でそれぞれ任務や運用に違いがあるのでしょうし、練習機の時点から、それが意識されたりもしているのかしら?
一般の国民としては、陸海空それぞれ喧嘩せず、しっかり分担・協働していただければ……と願うばかりです。
敬礼。

Amazon:
翔べ海上自衛隊航空学生―パイロット人生38年の航跡 (光人社NF文庫)
潜水艦を探せ―海上自衛隊航空学生
写真集 海上自衛隊航空部隊
【ミリタリー選書10】自衛隊航空機全集 (―陸海空自衛隊、歴代装備機のすべて)
航空部隊の戦う技術 空を制する者が戦場を制す (サイエンス・アイ新書)
戦闘機の航空管制 航空戦術の一環として兵力の残存と再戦力化に貢献する (サイエンス・アイ新書)
posted by 蘇芳 at 20:11|  L 「基地のある街」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする