2018年08月15日

【動画】昭和天皇の玉音放送



動画概要:
2012/09/05 に公開
国体を護持する為に敗戦を受け入れる、昭和20年8月15日正午に放送された玉音放送です。高音質バージョン

こちらでも書いた通り、負けてヨカッタ、メデタシメデタシ、負けたおかげで日本はヘイワになりました、というのは何かオカシイ。オワッタオワッタ、アリガタヤ~、と、御聖断を祀り上げさえすれば、それでいっぱし愛国者なのか? 一見愛国的な感激のかげに、大切な何かを置き忘れてはいないか? 本当にメデタシメデタシだというのなら、73年も経ってなぜいまだに英霊に顔向けもできない国のままなのか?
産経ニュース:終戦の日に 73年後の「英霊に詫びる」 陛下の靖国御親拝に知恵出すとき 論説委員長・乾正人
「聖断」の真実は何だったのか? 何が終わり、何が始まったのか? 始まるべきだったのか? 年に一度のこに日くらい、聞き返しておきたい詔勅です。

Amazon:
【永久保存版】CDブック 昭和天皇 玉音放送
大日本帝国最後の四か月: 終戦内閣“懐刀”の証言
昭和天皇の戦い 昭和二十年一月~昭和二十六年四月
日本占領と「敗戦革命」の危機 (PHP新書)
だから日本人よ、靖国へ行こう
posted by 蘇芳 at 19:42|  L 大東亜戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする