2018年07月23日

【動画】特別番組「インテリジェンス(嘘だらけの日独近現代史)」柏原竜一 倉山満


チャンネルくららから。


動画概要:
2018/07/18 に公開
★お陰様で重版となりました!
amazon扶桑社新書ランキング1位『嘘だらけの日独近現代史』 (扶桑社新書) 倉山 満: https://amzn.to/2uYCyZB
【動画】特別番組「ワイマール共和国の情報戦争」柏原竜一 倉山満

OSSの話が出ていますが。
そのOSSが真っ赤っ赤に汚染されて、日本も米国もひどい目にあったという面もあるとかないとか、取り沙汰されてもいるようで。
インテリジェンス機関はいかにも重要ですが。重要であるからこそ、それが機能しなかったり、有害に機能したりした場合、かえってエライことにもなるのでしょう。
日本にはスパイ防止法が必要だ~という人はいますし、私も必要だとは思いますが。法律だけできさえすれば、自動的に日本が取り戻せるのかといえば、そんな簡単なものでもないでしょう。所詮、法など運用次第。
スパイ防止法を作るにしても、それをうまく運用するためには、それを使いこなすだけの「能力」が必要ですし、その能力の「誤用」や「悪用」を防ぐ仕組みも必要かもしれません。
言うは易し行うはナントヤラですが……
インテリジェンスを「正しく」機能させる。そのためにまず必要な「基礎」は何なのか。そこから始めないと仕方ないのですかね……

Amazon:
嘘だらけの日独近現代史 (扶桑社新書)
ワイマール共和国の情報戦争 フランス情報資料を用いたドイツ革命とドイツ外交の分析 (静岡学術出版教養ブックス)
インテリジェンス入門
戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」―二段階革命理論と憲法
日中戦争はドイツが仕組んだ―上海戦とドイツ軍事顧問団のナゾ