2018年05月15日

【動画】JAXA理事長とブータン王国首相による会談実施について


普段とはちょっと目先を変えて……
JAXA | 宇宙航空研究開発機構から。


動画概要:
2018/04/24 に公開
平成30年4月11日、JAXA山川理事長は、ブータン王国のツェリン・トブゲー首相と会談を行いました。両者は、夏頃に予定されているブータン初の超小型衛星(九州工業大学のBIRDSプロジェクト(※1)の枠組みで開発)の「きぼう」からの放出を通して、宇宙分野における協力関係がさらに深まることに期待を示しました。また両者は、人材育成などの今後の協力可能性についても意見交換を行い、今後のブータンの宇宙プログラムが拡大されることに期待を表明しました。

(※1)BIRDSプロジェクト
BIRDSプロジェクトは、Joint Global Multi Nation Birds Projectの略称で、CubeSat (1辺約10cmの立方体)の超小型衛星の開発による人材育成を目的とした九州工業大学のプロジェクト。九州工業大学に留学している様々な国の学生が超小型衛星の設計・製作を行う。JAXAが協力し、「きぼう」日本実験棟から超小型衛星の放出を行う。

九州工業大学 宇宙環境技術ラボラトリー
http://birds2.ele.kyutech.ac.jp/

JAXA | 国際協力
http://www.jaxa.jp/projects/int/

ネットの保守系界隈でブータンといえば、こちらでチェックしたダショー・ニシオカや、3.11の直後に来日してくださったワンチュク国王夫妻の話題などが定番。他にも国民総幸福や、チャイナによる領土侵蝕の話題などはありますが……なかなか続報がつづかないのも現実のような気はしないでもありません。
ややシニカルな言い方をするとすれば、私たちの側にも、同じ話題を延々くりかえして「親日国」のレッテルを貼って満足してしまいがちな傾向もあるようなないような。

過去の定番美談のイメージだけにとらわれて、現在進行形の「リアル」が見えにくくなりかねないのだとしたら、それはそれでもったいない話かもしれません。せっかく「親日国」だというのなら、なおさらです。

そんななか、久しぶりに「ブータン」の文字が目に飛び込んできたのが、動画のJAXA関連のニュースでした。

このBIRDSプロジェクトについては、つい先日(5/11)、「きぼう」からの超小型衛星放出の記念すべき第一回(ケニア、コスタリカ、トルコ)が実施され、めでたく成功したそうです。
JAXA:
JAXAと国連宇宙部との連携協力(KiboCUBE)に基づく第1回選定のナイロビ大学衛星の「きぼう」からの放出について
「きぼう」から超小型衛星3機の放出に成功!「きぼう」での実験
ケニア等の当事国はもちろん、それ以外のアフリカ各国でも話題になっているとの噂も聞かないことはないのですが……
日本側の一般世間の盛り上がりはというと、今ひとつ、今ふたつのようにも思えて、少々、さみしい気もします。
(メディアも、モリカケモリカケセクハラセクハラ言っている時間の何分の一かでも、こうした話題に割けば、よほど印象が…………言うだけ無駄でしょうか)

前述のブータンもチャイナとの国境紛争を抱えているそうですが、
産経ニュース:中国ブータン紛争地問題 インドも中国に懸念表明
アフリカ諸国も、チャイナに狙われている~と、噂がなくもありません。
NEWSポストセブン:ムルアカ氏 「アフリカ丸ごと中国化」の手口を語る
WEDGE Infinity(ウェッジ):中国がアフリカを新たに植民地化?
文春オンライン:アフリカを飲み込みつつある中国人のエゲツない「黒人差別」意識
NAVER まとめ:アジアの次は、アフリカ 侵略!中国の戦略
宇宙開発という夢のある話を、あえて政治向きの話にこじつける必要はないのかもしれませんが、一方には、当然、協力や援助と外交をもっとうまく結び付けろという意見もありうるでしょう。
チャイナとの火種を抱えた国々に対して、宇宙開発の分野で、日本が存在感を示すことにも、やはり、そういう意味はありうるのかもしれません?

Amazon:
宇宙ステーションにかけた夢―日本初の有人宇宙実験室「きぼう」ができるまで
「きぼう」のつくりかた: 国際宇宙ステーションのプロジェクトマネジメント
夢のお仕事シリーズ JAXA [DVD]
ブータン神秘の王国
アフリカを食い荒らす中国
中国が喰いモノにするアフリカを日本が救う 200兆円市場のラストフロンティアで儲ける



追記:
※長い(約2時間)のですべては見ていないのですが……5/11の超小型衛星放出の模様はこちら↓

動画概要:
2018/05/11 にライブ配信
コスタリカ、ケニア、トルコの超小型衛星3機が「きぼう」日本実験棟から放出される模様を中継します。
We'll broadcast of the small satellites deployment from "Kibo" Japanese Experiment Module.

放送予定日時:2018年5月11日(金)19:00~20:45
放出時間帯:2018年5月11日(金)19:30~19:40(2回にわけて放出)
放出予定衛星:Irazu(コスタリカ)、1KUNS-PF(ケニア)、UBAKUSAT(トルコ) 
※放出時間及び放送時間はミッションの状況等により、変更になる場合がございます。
Date of broadcast: Friday, May 11 19:00-20:45(JST) / 10:00-11:45(GMT)
Time of deployment: Friday, May 11 19:30-19:40(JST) / 10:30-10:40(GMT) (to be deployed in 2 separated stages)
Satellites to be deployed: Irazu(Costa Rica)、1KUNS-PF(Kenya)、UBAKUSAT(Turkey) 
*Broadcast and deployment time may change due to mission situations.

超小型衛星の放出機会提供 / JEM Small Satellite Orbital Deployer (J-SSOD)
日本語
http://iss.jaxa.jp/user/opp/jssod/
English
http://iss.jaxa.jp/en/kiboexp/jssod/
時間のある方は視聴してみるのも一興かと。

ラベル:ブータン JAXA
posted by 蘇芳 at 20:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする