2018年04月17日

【動画】国境を守る絶海の孤島「見島」訪問記・前編[桜H24/9/20]


チャンネル桜から。


動画概要:
2012/09/20 に公開
韓国を見据える日本海は山口県萩市沖に位置し、知られざる国境防衛最前線の島でもある見島を訪ねたキャスター・井上和彦が、レーダーサイトを擁する航空自衛隊見島分屯基地の役割や、自衛隊の存在が島の経済や生活文化に欠かせないものとなっている様子などについてお伝えします! 前編となる今回は、見島の風景や産業、文化のほか、絶海の孤島で国を守る航空自衛隊・第17警戒隊の隊長(兼基地司令)及び隊員の方々へのインタビューをお送りします。
Wikipedia:見島分屯基地
航空自衛隊:西部航空警戒管制団部隊紹介第17警戒隊
航空自衛隊:西部航空方面隊第17警戒隊長 兼 見島分屯基地司令
防衛省:自衛隊山口地方協力本部/見島分屯基地
Facebook:見島分屯基地 - 島、地域

6年前の動画ですが……
その後も安全保障環境は悪化の一途をたどっているわけで。
北鮮云々は言うまでもなく、対馬侵略の実態もいよいよ深刻ですし、
産経ニュース:
【産経抄】危機の対馬、国境の島では今も昔も外国の脅威
【異聞 防人の島・対馬(上)】対馬で増える韓国人観光客、不動産買収も「有事の避難用か」 家も土地も…「もはや韓国領」
【異聞 防人の島・対馬(下)】「日本海の要塞」対馬に中国の影 不動産爆買いは時間の問題「韓国も中国も対馬欲しい」
こちらなどでは、米軍の防衛線が38度線から対馬海峡へ後退する可能性まで示唆されていました。
それと関係があるのかどうなのか、実際、見島と同じ山口県にある岩国基地では、米軍の増強も進んでいるとかいないとか。
日本のこころを探して:【動画】【新たに6機が到着】岩国基地でF-35B戦闘機16機の配備が完了
産経WEST:
米・艦載機移駐計画受け入れ、岩国市長が表明 61機段階的に
米艦載機FA18、新たに4機移駐 岩国基地、近く完了か
これらの動きが実際には何を意味しているのか、民間人がアレコレ想像を巡らせても詮無い話ではあるかもしれませんが……
数年来、ネット上で面白おかしく願望まじりで語られてきた「在韓米軍撤退」の可能性(あくまで可能性)が、活字メディアでもわりと大っぴらに取り沙汰されるほどにはなってきた昨今。
産経ニュース:
【野口裕之の軍事情勢】米軍大将の亡霊がトランプ大統領の寝室で「在韓米軍撤退」を夜ごと囁く?
【主張】在韓米軍と日本 「撤退」は危機に直結する
心情的には法則回避やレッド/ブルーのチーム分けというのも道理には思えますが。これが同時に北鮮の願望でもあることには注意が必要。つまるところ日本には「最前線」たる覚悟と準備が整っているのか?

前回、気概がどうこうと口幅ったいことを書きましたが……
動画で言われている政治家はもとより、私たち国民一人一人もこうした離島・国境・防衛の最前線に目を向けるべきなのかもしれません。

Amazon:
オールアバウト航空自衛隊
日本の国境防衛パーフェクトガイド: 日本の防衛力と最新事情を知る
日韓戦争―備えなければ憂いあり
日本は国境を守れるか (プレイブックス・インテリジェンス)
日本の国境
国境の島を行く 日本の領海がわかる本
防人の島「対馬」が危ない!―国境離島を守るために
対馬が危ない―対馬を席巻する韓国資本
爆買いされる日本の領土
ラベル:見島 自衛隊
posted by 蘇芳 at 20:37| 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする