2018年04月11日

【動画】【日いづる国より】水間政憲、皇統を支える120名の男系男子[桜H29/4/28]


チャンネル桜から。


動画概要:
2017/04/28 に公開
日本の伝統と文化を尊重し、真に国益を考える数多くの志士達が、自らが国政に臨むことで日本再生に懸けようと奮起している。その志と問題提起を、じっくりとお聞きしていく対談番組。偉大な作曲家にして真の愛国者・すぎやまこういちによるプロデュースでお送りします。

司会:中山恭子(参議院議員・日本のこころ代表)
ゲスト:水間政憲(近現代史研究家・ジャーナリスト)
【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】:●超緊急拡散希望《120名の男系男子の中に徳仁皇太子より天皇の血を濃く受け継いでいらっしゃる従兄弟が3名おります(ゴールデンウィーク中に国民に拡散してください》

男系継承を守れ、旧皇族の功績復帰を~という主張はまことにもって正当ですし、著名な論客も何人かは思い浮かびますが。
ではその「旧皇族」が現在どのような状況に置かれているのかについては、ほとんど情報がない、その「著名な論客」もろくに情報提供しようとしない、というのは事実のようには思います。(プライバシー云々などもあるでしょうが)
水間氏の豪語を100%完全に真に受けてよいのかどうかはさておくとしても、こういう情報が出てきたということ自体は朗報には違いないでしょう。

ただ、それならそれで、書籍の時点でもっとわかりやすく書いておいてくれという気はしないでもありませんw

ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実」にしても、(私も紙書籍版を所持していますが)、件の系図が掲載されているのは、P4~P7にかけてです。
そのどこにも「120人」云々などという説明はありませんし、その後の本文中にも(私の見落としでないのなら)「120人」云々などという朗報は登場しません。
かろうじて、
皇室典範を改正する折には、昭和天皇の皇后(香淳皇后)陛下のご親族で「皇籍離脱」させられた久邇宮朝融王の第一男子邦昭様(元親王)には男子二名、朝建様(元親王)には男子一名がご健在で、その他の旧宮家の男系男子がいらっしゃる八家族のなかからも、数家の皇籍復帰が可能なのではないでしょうか。
という文言が登場するのは、ようやくP147にもなってからです。
「120人」という豪語に比べればずいぶん控えめですし、わざわざ〝皇后陛下”のご親族であることをことさらに強調するなど、まわりくどい記述に違和感もあります。
(そもそも、リンク先によれば「120人」というのは「皇別摂家」も含めての数だそうですが、あの系図を「ひと目」見ただけで、それ(著者いわく「家系図の行間」)を理解できる日本人が、いったい、何人いるでしょうか)

ついでに言うなら、上の引用で強調されているのはあくまで「久邇宮家」であって、動画の「東」久邇宮家とはまた微妙に違います。
「120人」もいるという男系男子の中からことさらに特定の宮家や個人を選んだり選ばなかったり、書籍と動画でチョイスが違う、その理由・基準は何なのでしょうね?

y染色体の継承は、皇族として、最低限絶対条件であるにしても、皇位継承にあたっては、祭祀や文化の継承も必須。それがどこまで可能なのか、本当にミソはつかないのか「120人」の内実が気にはなります。
(いわゆる「旧皇族」のなかには、日本に帰らなないだのガイジンを嫁にするだの皇籍離脱させろだの、さんざっぱら駄々をこねて大正天皇や昭和天皇を困らせたお人などもいた気もしますし、上でも触れた「皇別摂家」の中には「近衛」家なども含まれているわけで……)

男系男子継承には実はまったく何の「危機」もない、というのが、我田引水や牽強付会がまったく少しも全然ない、本当に手放しで喜べる朗報なのか、なお、チェックが必要な気はしないでもありませんが……
チェックすべき「情報」の一端が示唆されていること自体は、やはり、注意を向けておく価値があるようには思います。

Amazon:ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実
楽天ブックス:ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実 [ 水間政憲 ]
Amazon:
皇統断絶―女性天皇は、皇室の終焉
皇統断絶計画-女性宮家創設の真実
皇位の正統性について―「万世一系の皇祚」理解のために
日本の万世一系と世界の王室―世界の宝、日本の皇位継承の伝統を守ろう
皇室の行方 旧宮家の皇族復帰と必然性
天皇の遺伝子 男にしか伝わらない神武天皇のY染色体
ラベル:天皇
posted by 蘇芳 at 21:09| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする