2018年03月01日

【動画】「大間違いの織田信長」倉山満 江崎道朗 秋吉聡子


チャンネルくららから。



「正義感の強い働き者」

別に違和感がないのは私だけですかね?
信長ネタの「小説」というと、坂口安吾と太田牛一くらいしか読んでいないせいかもしれませんがw

「正義感」の強い人が、他人の悪事を見過ごせない結果、懲罰的・他罰的になるのは不思議でも何でもありませんし……
「働き者」というのも厄介なもので。
真面目な人は他人に真面目さを押し売りしやすいものでしょう。
倉山氏の言うように「「寝ずに働け」ではなく「寝ずに働く」」ならいいですが、実際には、「俺も「寝ずに働く」からお前も「寝ずに働け」」になりがちなのが現実かと。
そもそも倉山氏の「ブラック」の定義も曖昧ですしね。

言葉遊びというか何というか。本当にそれほど通説のイメージからかけ離れた本なのですかね?
羊頭狗肉な本でなければよいですが……
まあ、中古が安くなったら確かめてみても良いですが。

ちなみに関係ないですが、本日、
大艦巨砲主義!:【朗報】裁量労働制、取りやめ
とかいう話題が流れているようで。
そういえば安倍総理というのも間違いなく「働き者」ですね。。。
ワ○ミ云々をいう人はずいぶん少なくなりはしたようですが。
Wikipedia:第2次安倍内閣 - ワタミ会長の参議院選挙への擁立

Amazon:
大間違いの織田信長
歴史小説の罠
ラベル:織豊 戦国
posted by 蘇芳 at 20:22| 戦国~織豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする