2018年01月22日

【動画】江崎道朗のネットブリーフィング「安倍政権が裏で進めていること・憲法の解釈を芦田修正に戻すべき」


チャンネルくららから「江崎道朗のネットブリーフィング」1月22日号。


動画概要:
2018/01/22 に公開
●通常国会スタート、安倍政権が裏で密かに進めていること
●グラント・ニューシャム大佐の「日米共同任務部隊」提案とは
●憲法改正の前に、芦田修正へ9条2項の解釈を戻そう
産経ニュース:【中高生のための国民の憲法講座】第19講  憲法9条 芦田修正が行われた理由 西修先生

安倍政権が裏で密かにスゴイことを進めているゾ……と。
安倍総理が政権の座に返り咲いて以来、いったい何回この言い回しを聞いてきたでしょうか。
もちろん、妥当な推測を重ねてきた論者もいるのでしょうが、一方で、安倍の名を騙って手前勝手な妄想を撒き散らす香具師の類も思い浮かばないこともあったりなかったり……そのあたり、国民の側でもリテラシーを高めなければならないのは当然ではあるのでしょうが、しかしそもそも論で言うなら、国民の負託を受けて高い支持率を維持しつづけている為政者が、国家の安全保障という重要きわまりない仕事を成し遂げようというときに、なぜこうもで、ひそかに、コソコソと動かなければならないのか? 国民に対してストレートに語ることさえ許されないのか? 根本のところで何か間違えているような気がしないでもありません。
保守速報:
【速報】FNN世論調査 若い世代ほど安倍内閣支持 全体で52.6% 「男性10代と20代」71.8%、「男性30代」69.9%、「女性10代と20代」59.7%
【朗報】次期首相に誰がふさわしいかの世論調査で安倍首相が1位にwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
立ちはだかる「内政問題」の壁、その異常性こそが戦後レジームなのか何なのか知りません。スパイ防止法の一つや二つさっさと作るのが先決のような気もしないでもありませんが……
とりあえず他に代わりもいないことですし、安倍総理に頑張ってもらうしかないわけでしょう。という、この「他に代わりもいない」という言い回しも、いったい、何回くりかえしてきたでしょうね。
感覚がマヒして思考停止に陥らないように自戒はしておきたいところかもしれません。
Amazon:
知らなきゃヤバい! 防衛政策の真実
自衛隊を国防軍にする理由―憲法改正へ!今こそ知りたい自衛隊Q&A
倉山満の憲法九条 ― 政府も学者もぶった斬り!
「軍国主義」が日本を救う
自民党の正体
変わりゆく内閣安全保障機構: 日本版NSC成立への道
売国議員
posted by 蘇芳 at 20:13|  L 「江崎道朗の備忘録」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする