2017年12月10日

【動画】【東京発信・cool eyes】第11回 國學院大學名誉教授・大原康男 天皇と日本文化


新唐人TVから。


動画概要:
2017/11/24 に公開
【東京発信・cool eyes】第11回 大原康男(おおはら・やすお)氏 國學院大學名誉教授 我が国の天皇制度の本質と特徴
最古かつ一系の君主制
大きな戦争の敗北による君主制の廃止(世界史では通例)の稀有な例外
文化的共同体の核としての存在
皇室の文化的活動
皇室の政治伝統
「十七条憲法」十七「大事は独り断ずべからず。必ず衆と興に宜しく論ずべし」など
……
【新唐人=米NYに本部を置く中国語衛星TV】http://jp.ntdtv.com/

天皇とは何か。
日本人にとって何より重大な問いですが。
戦後、その問いに答えるどころか、問うこと自体が困難な時代が長く続きました。
動画でも「敗戦」の語がくりかえされていますが……
国民の無知が意図的に醸成され、その無知に乗じて恥知らずな虚偽がまき散らされ、天皇のこと、日本のことを何も知らない「日本人」が量産されてきたのが戦後という時代ではなかったでしょうか。
しかし、天皇が日本の「象徴」であり、日本の歴史と精神の核心そのものであるとするならば、その天皇を知らない日本人などというものは、そもそも本当に日本人といえるのか?
ある意味、戦後の私たちは、日本人であって日本人ではない。遺伝子的には日本人として生まれながら、精神的には「外国人」として成長し、その途上で、日本人に「なる」か「ならない」かを事後的に選択しなければならないのかもしれません。
そういう意味では、張氏のような「日本に関心を持つ外国人」を聴き手にした動画は、私たち「日本人」にもよい復習の機会を与えてくれるかもしれません。
願わくは、外国人に「天皇とは何か?」と訊かれたとき、誇りを持ってしっかりと答えられる日本人でありたい(なりたい)ものです。
(戦後生まれではあれ一応日本人であるはずの私たちのほうが、張氏よりもよほど日本や皇室について「わかっていない」などということがなければよいですねぇ💧)
Amazon:
天皇―その論の変遷と皇室制度
平成の天皇論―象徴における聖と俗と
皇位継承の危機いまだ去らず (扶桑社新書)
日本は天皇の祈りに守られている
天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み (PHP新書)
ラベル:天皇
posted by 蘇芳 at 20:11| 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする