2017年07月20日

【動画】【台湾取材レポート】老台北・蔡焜燦氏に聞く 第2弾[桜 H21/5/11]


前回の続き。後半です。





動画概要:
2009/05/11 に公開
中共政府と同じ反日的な視点から、日本による台湾統治の「陰」の部分のみを強調するという目的のために、日台間の歴史の真実も、親日国・台湾の人々が日本に寄せる複雑な心 情も、ただ利用し、踏みにじった「NHKスペシャルシリーズ『JAPANデビュー』第1回『アジアの一等国』」。その作為を明らかにすべく台湾に赴いた井上和彦が、老台北(ラオタイペイ)として著名な蔡焜燦氏に、NHKの番組に見られる誤りの数々や、日本による統治時代の実情、台湾のために貢献した日本人たちの功績などについてじっくりとお話を伺った模様をお送りします。

日清戦争以来ずっと日本だった台湾。
いわゆる「親日国」のなかでも、第一次大戦以来ずっと日本だったパラオと並んで、気合の入り方が違うようです。
反日勢力にいいように汚染された戦後日本より、彼らのほうがよほど、私たちが取り戻すべき本当の「日本」を知っているのかもしれません。

8年の時が流れ、マスゴミの異常性はいよいよ救いようもなくあからさまになりつつあります。
保守速報:
【動画】TBSのひるおびの印象操作がヤバすぎる。これはもうやりたい放題
東京新聞「二重国籍なんて欧米では普通 蓮舫叩きは排外主義」 ⇒ 豪議員、二重国籍で辞職
時事除く全マスコミが「国連が共謀罪施行でのTOC条約締結を歓迎」を報道せず。バッタモンは扱っても本物の国連は無視wwwwwww
【動画あり】NHKが大誤報 「国家戦略特区という新しい仕組みを作り、真っ先に恩恵を受けたのが総理の友達!」
汚染が進んだとも言える一方、汚染の実態が「見える化」されてきたとも言えなくはありません。
もちろん、見えるだけでは意味がないでしょう。

「日本を取り戻す」

口先だけでなく、もうそろそろ、いいかげん、結果に結び付けたいところです。
とりあえずの焦点は、8/10、パレルモ条約の発効でしょうか。

ラベル:台湾
posted by 蘇芳 at 19:29| 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする