2017年06月16日

【動画】陸上自衛隊 職種紹介(衛生科)



動画概要:
2017/06/14 に公開
衛生科は、患者の治療や医療施設への後送、隊員の健康管理、防疫及び衛生資材等の補給整備等を行います。

「衛生科」(陸上自衛隊Webサイト)
http://www.mod.go.jp/gsdf/about/branches/eisei.html

命がかかっている仕事ですから、医療分野に注力するのは当然。
医療・衛生関連はいろいろ充実しているようですし、させておかなければならないでしょう
実際、衛生科隊員はもちろん、医官、看護官などを育成する高等教育機関も自前で持っていたりするのが自衛隊でもあるようで……






災害復興や国際貢献など、最近では、その活躍の模様を目にする機会も多く、注目が集まりやすい分野かもしれません。

有事の医療・看護・救命活動といえば、有名な脚気のエピソード(森軍医云々は間違った俗説ですが)から、復員傷病兵の衛生管理の問題、こちらこちらで見た赤十字など、歴史的にも話題には事欠きません。
一歩間違えば、戦死者よりも病死者のほうが多いなどということもありうるのが戦争・戦場・有事というもの。
常日頃からの備えはいかにも必要です。

もちろん、「有事」など二度とないにこしたことはありませんが……
それを決めるのは、こちらの善意ではなく、敵の悪意のほうでしょう。
侵略者はこちらの都合など、(有害な方向でしか)、考えないのですから……
油断してよい理由などどこにもありません。

つまるところ、こうした自衛隊の日々の研鑽に異を唱える者こそ、 異 常 というべきなのでしょう。
保守速報:
【画像】日本共産党のチラシ「陸上自衛隊は人殺しの訓練。若者が駐屯地誘致で自衛隊に狙われている」
【ネット】宮古島市議の石嶺香織市議(36)「米軍に訓練された自衛隊が来たら婦女暴行事件が起きる」とフェイスブックに投稿して大炎上。投稿削除
社民党・福島みずほ副党首「自衛隊が守るのは『島民』ではなく『国土』です。わかりやすいパンプレット」宮古島に陸自配備で
【沖縄】「尖閣問題に必要なのは米軍や自衛隊、オスプレイではなく憲法9条だ」 墜落事故受け、名護市長や共産・社民議員らが緊急集会
posted by 蘇芳 at 15:23|  L 「陸上自衛隊 職種紹介」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする