2017年06月13日

【動画】江崎道朗のネットブリーフィング「朝鮮半島での「戦争」に密かに備える政府~●●教育を受けた中国の海上民兵が来る!」


チャンネルくららから「江崎道朗のネットブリーフィング」6月12日号。



在大韓民国日本国大使館:安全情報・領事関連情報≫2017.04.12 在韓邦人向け「安全マニュアル」2017年版(.pdf)
あの害務省が、と思えば確かに画期的かもしれませんが、もちろん、ネットの住人からすればぬるすぎるのもいいところ。
「あくまで噂」ですが、
NewsUS:
【緊急】     「開戦なら韓国内の日本人を人質にするって韓国の掲示板で言ってるよ」   「韓国政府は日本人にだけ移動禁止命令を出します」「抵抗したら射殺も許可」「日韓スワップ締結の恐喝材料に使われます」  「自衛隊は対馬までしか行けない」      「今のうちにひとりでも多く」
【緊急拡散】韓国が在韓邦人を人質に取って日本にスワップを要求!!!? 北朝鮮攻撃に乗じた と ん で も な い 日本攻撃計画が露わに!!!
【緊急拡散】韓国で有事が起これば、助かる在韓邦人はたったの200人!!!? 自衛隊が出動できない理由が ヤ バ す ぎ る !!!
噂の存在自体は周知の事実でしょう。それをどう読むか。

動画でも言われているように、マニュアル自体は画期的かもしれませんが、それでもいまだに渡航制限すらしようとしない害務省、報道しない自由を絶賛行使中のマスゴミ、安倍の足を引っ張る自称保守議員、反日勢力はいわずもがな、などなど、異常な常態があからさまに見えるようになってきています。
この「見える化」自体が、ある意味で、進歩なのかもしれませんが……
それを要するに、米国に呆れられようが何をしようが、まずは何よりも国内の敵をどうにかしない限り、何も始まらないということでしょうか。

国内の敵については、(今さら元をただせば云々とは言いませんが(しかし忘れませんが))、米国自身の内部だってヒドイありさまなのですし、勝手なことばかりぬかすなというか何というかな気はしなくもありませんが……

まずは今月の組織犯罪処罰法改正案、そして動画で言われている概算要求、そして9月にも何かありましたっけ?
渡邉哲也(@daitojimari)さん Twitter:BEPS(税源浸食と租税回避)対策で、情報交換が進んでいます。今年9月からは自動交換も始まります。
私たち一般国民的も、そうした施策をしっかり支持していくことが肝要かと思います。

あとは……

「防衛予算10兆円」
これにつきますねぇ。
何しろ事が「国防」なのですから、当然、それが一番手っ取り早い「対策」です。

反日売国奴でもない限り、今どき防衛力の充実に反対する日本人もいないでしょう、
保守速報:【18~20代の安倍内閣支持率68%wwwww】TBSサンモニ、安倍総理を支持する若者に激怒 「若者は自分の利益ばかり」「広い視野を持て!」
トマホークの100や200はさっさと買えばよさそうなものです。
たったそれだけの格安の買い物で、同盟国にとりあえずの「やる気」を見せて、ついでに(トランプの大好きな)「ビジネス」も成立させて、敵国を発狂させ牽制できるというのなら、買わない理由があるのでしょうか?

もっとも、一口にトマホークといっても、ミサイル自体は単なる「飛翔体」。肝心なのは弾頭ですが……
wiki:トマホーク (ミサイル)
海洋国防記:トマホーク巡航ミサイルとは?値段,価格,射程距離,威力,破壊力,動画,日本,自衛隊?
トマホークには核搭載型もありましたが、現在は引退しています
「核搭載型」が「引退」というのはちょっと微妙かもしれません?
まあ、ノウハウ自体は残っているのでしょう。
いや、むしろ「引退」したそのものを買い取ればいいのか?
敵国の皆さんは「核」に過剰な幻想を抱いている気配もなきにしもあらずですから、日本がそれを持つだけで、目に見えて態度が変わりそうな気もしないでもありません。
posted by 蘇芳 at 20:28|  L 「江崎道朗の備忘録」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする