2017年05月15日

【動画】上村将軍【海軍軍歌】



動画概要:
2016/05/05 に公開
作詞:佐々木 信香
作曲:佐藤 茂助

歌唱・演奏:海上自衛隊東京音楽隊
wiki:上村彦之丞
ネイビーブルーに恋をして:日本海大戦~船乗り将軍の汚名返上

敵兵救助といえば、ネット上では大東亜戦争の工藤艦長のエピソードが有名ですが(Amazon:「文庫 敵兵を救助せよ!: 駆逐艦「雷」工藤艦長と海の武士道 (草思社文庫)」)、明治時代にすでに先駆者はいたわけです。
また、無能だ国賊だとさんざんに誹謗中傷されたあげく一夜にして評価が逆転した点などは、陸軍の乃木大将もかくやのありさま。

工藤艦長も(本人が語らなかったこともありますが)恵氏がサム・フォールの回想にスポットをあてるまで日本人の誰も知らないようなものでしたし、
反日捏造にもとづく乃木大将への誹謗中傷は一部では今もなお継続中、
それが「戦後」という時代なら、上村将軍もまた、〝知る人ぞ知る”レベルにまで、その存在が矮小化されていることも、むしろ当然というべきか。

「負けたのだから仕方ない」が、自虐なのか潔さなのかはさておくとして、それを発揮する相手は選ぶべきでしょう。
第一、「負けた」のは米国に対する一度だけで、明治・大正に「勝った」事実が消えてなくなるわけでもないはずです。

聖人君子でもあるまいし、皇国軍人をむやみやたらに崇拝しろとは言いませんが、パヨクに都合の悪い「史実」「事実」の抹消は、許しておいてよいものでもないのではないでしょうか。
日本海大海戦 [東宝DVD名作セレクション]
大海軍を想う―その興亡と遺産 (光人社NF文庫)
軍歌~明治・大正編~
posted by 蘇芳 at 14:01| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする