2017年04月16日

【動画】秋田県護国神社






動画概要:
1)2015/09/12 に公開
2015年9月4日 秋田県護国神社と史跡秋田城跡に行ってみました。
※ 音源はyoutubeの無料音源を使用しています。

2)2011/12/06 に公開
高清水公園
からす沼から秋田県護国神社へ
その後は隣接する秋田城址・政庁~秋田城外郭東門及び築地塀へ
wiki:秋田県護国神社
秋田県神社庁:秋田県護國神社

明治2年、最後の秋田藩主佐竹義堯が戊辰戦争における秋田県出身戦没者697柱(wikiでは425柱)の慰霊顕彰のため招魂社を創建したのが始まり。
秋田藩はwikiによれば、
当初は奥羽越列藩同盟に参加していたが、平田篤胤の思想をなぞる尊攘派が形成されていたこともあり、仙台藩の使者を斬ったうえ明治政府側に寝返った
とのこと。
藩論を変えるにいたらず尊攘派が憤死した前回の盛岡藩とはかなり事情が異なっていたようで。いわゆる幕末維新の歴史でも、薩長や徳川、会津などに比べると、あまり語られる機会の少ない歴史が垣間見えて興味深くはあります。

現在の御祭神は、護国の神霊(37,841柱)と、伊邪那岐命、伊邪那美命。
護国神社の例に漏れず、秋田県護国神社も占領期には社名の変更を余儀なくされましたが、伊邪那岐・伊邪那美の二柱は、このときに配祀神としてお祀りしたとのこと。
それ自体はGHQの追及を逃れるための苦肉の策ではあったかもしれません。
しかし、護国の英霊と国生みの祖神の合祀は、ある意味、とても相応しい組み合わせのようにも思えます。

全国の護国神社は皇室から格別の思し召しを賜っていますが、
こと秋田県護国神社については、
明治十四年に明治天皇が、
明治四十一年には皇太子時代の大正天皇が、
昭和四十四年には昭和天皇・香淳皇后が、
それぞれ行幸啓あそばされ、境内にはそれぞれの記念碑が建てられているといいます。

そんな秋田県護国神社ですが、上のリンク先に説明があるように、二度にわたって焼亡しています。
明治26年は単純に失火ですが、平成2年はテロの標的にされています。

英霊の宮に限らず、神社仏閣が卑劣なテロにさらされている状況は、現在も何ら変わらず、被害は後を絶ちません。
NewsUS:こんなに多いの!神社・寺の火災焼失まとめ ⇒ 民主党政権の時期だけ明らかに少ない事が判明…
NAVERまとめ:全国の寺院で相次ぐ被害 反日活動家の在日韓国人(通名:金山昌秀)に逮捕状
保守速報:
【速報】明治神宮で液体まいた疑いで逮捕状 中国人の女2人 朴今玉容疑者と、朴善愛容疑者
【これは酷い】仏像破壊韓国人逮捕 大手マスコミ各社「チョンスンホ」の検索結果「見つかりませんでした。」 13:24現在(テレ朝・フジ以外)
【奈良】丹生川上神社で不審火 放火か
【官報】寺社油事件 犯人の金山昌秀、帰化前の本名は『金昌秀』だと判明! 昭和54年に在日韓国人から帰化(画像)
【速報】靖国爆破テロ犯の韓国人チョン被告に懲役5年求刑
怒りが収まりません。
全国護国神社巡拝ガイドブック~ご朱印めぐりの旅~
故郷の護國神社と靖國神社―「故郷の護國神社展」の記録 (シリーズ・ふるさと靖國)
ラベル:護国神社
posted by 蘇芳 at 15:06|  L 護国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする