2017年03月17日

【動画】じっくり学ぼう!世界近代史 第18回「17世紀の世界 三十年戦争④ ~リシュリューの国家理性」


チャンネルくららから「じっくり学ぼう!世界近代史」。


動画概要:
2015/06/15 に公開
フランスの絶対王権を確立した宰相リシュリュー 『歴史問題は解決しない』http://amzn.to/2mP4Wso

「鎖国」という言葉で何を指しているのか、最近は一昔前とはだいぶ変わってきているそうですが。
徳川家光といえば、前回動画の最後に登場した「三十年戦争日本戦線」のときにもすでに将軍。
前回は「プロテスタント寄りの中立」とだけ言われていましたが、今回は「武装中立」だそうで。
そもそも「非武装中立」などという概念自体が現実政治的にはナンセンスな妄想(ないし敵勢力のまき散らした嘘)ですから、「中立」といえば「武装中立」以外でありえないのは当たり前といえば当たり前ですが。無意識のうちにも「戦後の嘘」に毒されている私たちには、十分、刺激的な表現かもしれません。
何にせよ、蛮族どもの殺し合いには、相当ウンザリするというか、愛想が尽きていたのでしょうか、文明国・日本。
いわゆる「鎖国」と呼ばれているところの「外交」方針も、当時の国際環境を踏まえたうえでの「合理的選択」として評価しなおす必要があるのかもしれません。
Amazon:
日本人だけが知らない「本当の世界史」 (PHP文庫)
帝国憲法物語
嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)
ルイ14世とリシュリュー―絶対王政をつくった君主と宰相 (世界史リブレット人)
徳川家光: 我等は固よりの将軍に候 (ミネルヴァ日本評伝選)
それでも江戸は鎖国だったのか―オランダ宿 日本橋長崎屋 (歴史文化ライブラリー)