2017年03月02日

【動画】じっくり学ぼう!世界近代史 第12回「16世紀の世界 戦国日本の豊臣平和令 (&織田信長)~朝鮮出兵の真実は?!近世近代の扉を開いたのは・・」


チャンネルくららから「じっくり学ぼう!世界近代史」。



信長が「超真面目」な人だったことはこちらでも書きましたが。
素直に史実を追っていけば私ごときでさえ容易に推定できる事実を、好き勝手に歪曲・捏造やりたい放題の限りを尽くしてきたのが司馬ナントカをはじめとする「ラノベ作家」ですから、彼らがよほどの愚物でない限りその歪曲には何らかの政治的悪意・底意があったのだろうと推測せざるをえません。まあ、国賊ですね。司馬史観()などを真に受けているような恥ずかしい人は早く卒業されることをお勧めしますし、そもそも入学しないのが何よりでしょう。

秀吉の「評価」についてもしっかりした研究を読んでみたいところですが……

何せこの二人についてはノンフィクションを騙る「ラノベ」が多すぎるので、どこから手を付ければいいのか迷うところです。
豊臣秀吉朝鮮侵略関係史料集成(全3巻)」などにいたっては、「史料」なのですから中立であるべきはずが、表題の時点ですでに妄想全開。
「太閤記」で検索したら原著よりなによりヒットするのは司馬・吉川・犬HK、という……まあ、原著も「ラノベ」ではありますが。

だったら倉山史観が正しいかと言われると……
「ポニー」云々とか印象操作している時点で、どうなのでしょうねぇ。そんなものは「より危険な馬」との比較の問題であって、「ポニー」それ自体が安全なわけないでしょう。蹴られたら普通にタヒねますよ?

何にせよ「立身出世と朝鮮出兵」のみならず、キリスト教からの日本防衛、皇室権威による天下統一など、注目すべき業績には事欠かない人物には違いありません。いずれもう少し追及してみたいところではあります。
基礎教養 日本史の英雄
太閤記 新日本古典文学大系 (60)
戦国十冊の名著