2017年03月01日

【動画】「心のふるさと」お伊勢さま ISE-JINGU


伊勢神宮 公式チャンネルから。


動画概要:
2015/12/09 に公開
伊勢神宮は皇祖神の天照大御神を祀る皇大神宮(内宮)と御饌つ神の豊受大御神を祀る豊受大神宮(外宮)があり、正式には「神宮」といいます。
神宮では神恩に感謝し、「国安かれ、民安かれ」と国家の隆昌と国民の幸せを祈るお祭りが日々行われています。

伊勢神宮オフィシャルWEBサイト:神宮について
http://www.isejingu.or.jp/about/index.html

動画では、
四季の祭りを繰り返すところ
と、テロップされていました。
こちらこちらなどでくりかえし言及してきた「時間の環」からすれば、腑に落ちる話かと思います。
もちろん、私自身、誰かの下で本格的に神道を学んだわけでも何でもありませんが、循環・反復・くりかえしによる永続というモチーフを、神社の祭祀や記紀の物語から読み取ることは、それほど難しいことではないように思います。

また、こちらでも書いたことですが、「四季の祭り」が農耕とかかわることも見やすい事情。
動画には、
稲作と共に命を育むところ
ともテロップされていました。

外宮御祭神についてはこちらで見たような祀り上げ方をする渡会神道の見解もあるにはあるようですが……
神皇正統記の「問題」にも結びつく、そうした権柄づくの神観念には、個人的には、やはり、違和感を感じます。

食が生命の根本であり、こちらをはじめくりかえし検討してきたように神道が死後の救済よりも現世の生命を尊ぶ信仰であるとするのなら、まさにその「食」の神に皇祖神と同等の尊崇を払うことに、何の不自然も不都合もないのではないでしょうか?
そういう意味では、こちらで考えた新嘗祭の「こころ」をあらためて思いだす動画でもありました。
ラベル:神道 伊勢神宮
posted by 蘇芳 at 15:37|  L 伊勢神宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする