2017年03月01日

【動画】じっくり学ぼう!世界近代史 第11回「16世紀の世界 宗教改革という狂気」


チャンネルくららから「じっくり学ぼう!世界近代史」。


動画概要:
2015/04/27 に公開
近代化までの道~16世紀ルター、ドイツ農民戦争、カトリック対抗宗教改革

キリスト教とかいう悪の侵略者については前回も書きましたが。
こんな野蛮人どもが大東亜戦争を誹謗中傷しているのですから勝手なものです。
しかしまた困ったことに現代日本最大の同盟国が、よりにもよってこのプロテスタントの国であったりもするのですね。
江崎道朗の言う通り、米国保守派というのはリベラルという名の人類の敵よりははるかにマシであり、政治的・軍事的には共闘すべきではありますが。その支持者の中には基地外の野蛮人も(かなりの数)いるということは意識しておいたほうがよいのかもしれません。
宗教に無知な日本人にはピンとこないかもしれませんし、大げさだと嗤う人もいるかもしれませんが。
しかし、蒋介石・宋美齢がキリスト教を利用して米国を騙したのは、決して大昔のことではない、わずか数十年前、支那事変当時のことだというのも、間違いのない事実ではあります。
日本が日本を取り戻し、米国が米国を取り戻すためには、同じ過ちをくりかえさないことが重要でしょう。
米国民も、せめてウリスト教とキリスト教の区別をつけられる程度の知能は身につけておいてもらいたいものです。