2017年02月24日

【動画】同期の桜 美空ひばり


昭和の大ヒット歌謡。
こちらにつづいて、わりといろいろな人が歌っているものです。



しかし、まあ、案の定というか何というか。
これがまさにこちらで触れた、5番を割愛したバージョンですね。
世相といえば聞こえはいいですが、そんなに靖国が憎いかと思えば、戦後日本の腐敗堕落が情けなくなります。

美空ひばりが反日芸人なのかどうかは芸能人に興味がないので知りませんが、wikiによれば、デビューのきっかけになったのど自慢が1946年、『悲しき口笛』が1949年、だそうで。
戦後復興と共にブレイクした歌手といえば聞こえはいいですが、むしろソ連GHQ反日洗脳第一世代というか、「真相はかうだ」と共にブレイクした歌手とも言えるのかもしれません。
いわば戦前戦中を全否定した〝明るい戦後”の申し子?
それが今さら軍歌というのも、まあ、不自然な話ではあるかもしれません。
お言葉ですが…〈8〉同期の桜 (文春文庫)
海ゆかば山ゆかば―日本人と軍歌
「海行かば」を歌ったことがありますか―軍歌に込められた近代日本人のこころ
歌われたのは軍歌ではなく心の歌―語り残す戦争体験
カバーソング コレクション ひばり懐メロをうたう
美空ひばり カバーソング コレクション ひばり懐メロをうたう [ 美空ひばり ]
posted by 蘇芳 at 00:44| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする