2017年01月12日

【動画】平治の乱


保元平治の乱、と、ひとくくりにされることも多いですが、前後の乱の性格は、かなり異なっています。
保元の乱が皇室及び摂関家の内輪もめであり、源氏や平氏は言ってしまえば「鉄砲玉」にすぎなかったのに対し、平治の乱は源平自身の勢力争いでしょう。時代の「主役」はすでに交代していました。



こちらで見たように、荘園の発達こそが武家の台頭の経済的条件であったとするなら、信西が今さら荘園整理令などを出したところで、無駄に時流に掉さすだけのことで、大した成果もえられはしないでしょう。動画で言われているような、摂関家の勢力をそぐという、不純な利己的な動機に出ていたというのが本当なら、なおさらです。

律令制の建前は公地公民制であり、「公民」とは農業だけでなく、防人など軍事にもかかわる制度でしょう。
独立国民国家・日本の自覚が高まった、天智・天武・持統三代の御代が、唐の侵略の危機に対抗した時代だったことを、思い起こしておいてもよいかもしれません。
【動画】白村江の戦いと国民国家・日本の誕生
【動画】最初の「愛国」
「公」の土地、「公」の民、「公」の軍、そのすべてを天皇が統べたまうのが、律令制日本の建前でした。
もちろん、実際の政務は、皇太子時代の天智天皇ご自身もそうであったように、しばしば、代行者が輔弼申し上げました。こちらで考察したように、数多の「幼帝」が可能になったのも、摂関家による「輔弼」のシステムが確立されたからだと言って言えないことはないでしょう。
つまるところ奈良・平安時代の政治システムの内実は「天皇機関説」だったと言ってもよいかもしれません。
それは、天皇の祈りを中心に仰ぎ奉り、有能な臣下がその大御心によく応えて忠節を尽くす限りにおいて、うまく機能するシステムでしょう。裏を返せば、あらゆる場面で、輔弼の臣下の「質」が問われるシステムでもあります。

天皇に私無し、と申しますが、国安かれ民安かれの「公」の祈りの大御心を、臣下が見失い、私利私欲に走るなら、ただそれだけで、「公」の秩序は(こちらで見たように)大きく揺らいでしまうのかもしれません。
公地は私有地に、公民は領民に、皇軍は武士団に……すべて「公」は「私」へと四分五裂していく。
それは単なる摂関政治や院政などではなく、律令制≒国民「国家」そのものの崩壊の危機であるように思えます。

その果てに、一応、一時的に勝利したのは、上の動画に見るように、平家でしたが……

この平家というのがいかなる存在だったか?といえば、まさしく、「公」を崩壊させた「私」の権化のような一族だったかもしれません。
「平氏に非ずんば人に非ず」という有名といえばこれほど有名なものもない言葉が示すように、平氏が行ったのは、一族・一門のための政治であって、天下万民のための政治ではありませんでした。
平氏一門、一族郎党、常に仲良く身を寄せあい、共に助け合い支え合い融通し合い、最後の最後、滅びの時まで「一緒」でした。
「私情」の面からはまことに麗しいかぎりであり、平家物語の名場面の数々はまことに「あはれ」をきわめていますが、しかしもちろん、そのような「私」情がひとたび「公」の場に持ち込まれれば、身内びいきの情実に堕するほかはありません。
つまり平氏は政治を「私」した(少なくとも周囲からはそのように判断された)のであって、それは「部族社会」の論理ではあっても「国民国家」の論理ではなかったのではないでしょうか。

平氏政権というのは、保元の乱に見る「公」の崩壊の、原動力でもあり帰結でもあったかもしれませんが、その崩壊の中から再び「国家」の新生・再統合を果たすだけの展望を持ち合わせてはいなかった。それはこの平家一門の私的に麗しい情愛のためであった、と、言っては、皮肉がすぎるでしょうか?

これに対して、一方の源氏はどうだったかといえば、こちらでも書いたように、平家に比べれば救いようがないほどに身内同士の仲が悪く、頼朝の陰険さなどはその最たるものです。
しかし、その一方で、頼朝の陰険さは身内びいきのない厳格さ、私情に流されない公平さでもありえたかもしれず……幕府という新しい統治システムを確立した源氏は、天下国家のための政治・「公儀」にかんしては、平氏など足元にも及ばない、優れた功績を残したといってよいのではないでしょうか。

幕府というシステムが、一族一門が政治を「私」するための源氏専用のシステムなどでは決してなく、もっとはるかに柔軟な応用性に富んだものだったことは、頼朝の一族が三代で滅び去ったあとも、そのシステム自体は長く機能し続けたことから、逆説的に証明できそうです。
北条、足利、徳川。誰が使ってもそれなりにうまく機能する、それが「幕府」だったのですから、「源氏専用」どころではありません。
事実上、藤原氏しか使いこなすことのできなかった摂関制(平氏政権もこの模倣にすぎず、しかも失敗しました)に比べれば、幕府というのははるかに堅牢なシステムであり、その堅牢性をもたらしたのは、それが軍事政権であったことと同時に、その軍隊が「天皇の軍隊」に回帰したことだったように思います。

「いざ鎌倉」の言葉のせいで、イメージ的には誤解されやすいですが、「征夷大将軍」自体は、坂上田村麻呂と同じ、律令制下の臣下の役職です。
律令制の公地公民制は崩れ、「私」の土地に属する「私」の民とそれを守る「私」の兵団が誕生しはしましたが……その兵団の頂点に立つ将軍が、天皇の臣下たる地位≒「公」の位階秩序のなかに回帰することによって、軍事力の公共性もまた一気に回復されたのだとすれば、それこそは見事な洞察というべきでしょう。
とどのつまり、わが国においてはやはり何よりもまず「天皇」こそが秩序の根幹であらせられるのであって、頼朝は、「私」のために四分五裂した国家を再統合するために、この古くて新しい「公」の形を再提示したのではなかったでしょうか。
そしてそのためには、家来に「奉公」を要求する以上に、征夷大将軍自身が、誰よりも先に、誰よりも厳格に、天皇への、日本への、天下万民の福祉のための「奉公」を、自身に課し、実践して見せる必要もあったでしょう。
この時、日本国の運命は、頼朝一人の双肩にかかっていました。彼の思想、信念、その一挙一動は、天下の人々、仰いで之に注目していました。従って若しも彼にして国柄をわきまえず、朝廷に対して傲慢であり、伊勢大神宮に対して不遜であったならば、武士共は皆之にならい、失礼を働いたかも知れない情勢でありました。しかるに頼朝は、跪いてうやうやしく勅命を承り、いかに困難な事でありましても、勅命とあれば必ず奉仕させていただきますとお誓い申し上げ、そして勅命に従わない武士に対しては、「日本国から出て行け」と、厳然として言い放ったのであります、この一言は、国家の本質を安定して、微動もさせない力をもっていました。そしてその拘束力は、源氏三代の間だけでなく、鎌倉幕府全体に及び、それどころでなく、足利も、徳川も、皆頼朝を模範として起ったもので、頼朝の前には頭があがらなかったのですから、室町幕府も、江戸幕府も、大局から見れば頼朝の指導拘束を受けたと云ってよく、従って幕府と云うもの、変体は変体ながら、日本国の本質を変えるに至らなかったのは、頼朝のあのすばらしい一言によると云ってよいでしょう。
頼朝恐るべし。
また、天皇畏るべし。

「国民国家」にとっての「公」と「私」について考えるとき、とりわけ、戦後レジームの虚偽が日本人の「公」の意識をいかに破壊しようとしてきたか、反日勢力自体がいかに公徳心に欠けた醜い私利私欲の塊であるかを思うとき……
公「私」混同の平氏と御恩と奉「公」の源氏の提示する問題は、通常イメージされているよりも、もっとはるかに深刻かつ現代的なものでありうるかもしれません。
ラベル:平安時代
posted by 蘇芳 at 16:40| 平安時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする