2016年12月25日

【動画】信時潔:交声曲《海道東征》 第二章〈大和思慕〉(1941)


信時潔「海道東征」第二章。


wiki:海道東征
海道東征のホームページ(2)大和思慕

「海道」の「東征」というのは要するに神武東征。
この第二章で歌われているのは、こちらの紙芝居で言えば、東征出発前に目的地について話し合われる場面ですね。
「誰ぞ天降るその磐船」というのは、やがて大和で出会うことになる、饒速日命への言及でしょうか。

しかしながら、歌詞冒頭の「大和は国のまほろば」というのは、東征は東征でも日本武尊のそれです。
倭は 国のまほろば たたなづく青垣 山隠る 倭しうるはし
といえば、大和への帰還を目前に薨去された日本武尊がお詠みになった、望郷の御歌です。


同じ「東征」とは言っても神武天皇のそれとは時代が違いすぎますが……
もちろん、白秋はそんなことは百も承知で、本歌取り的に引用、流用しているのでしょう。

日本人なら誰しも、この引用によって、否応なく、望郷のイメージを喚起されますが……それによって何が起きているかといえば、神武天皇にとっては本来、未知の「新天地」だったはずの大和への憧憬が、懐かしい「故郷」への追懐・思慕の情へと接近し、二重写しになり、ついには完全に変換さえされているのではないでしょうか。
一見乱暴なようにも思えますが、しかし、このニュアンスの変換は、皇紀2600年を奉祝する聴衆にとっては、いかにもふさわしく、意外と自然な操作だったのかもしれません。
何となれば、神武肇国以来の御歴代天皇の鴻業は、大和という新天地を、文字通り、民族の「故郷」へと変貌させたのでしょうから。

少々語弊はありますが、そもそも、古事記に格別の興味があればともかく、普段、私たちが、日向・高千穂・九州を、皇室の故郷、日本人の故郷、と、観念することは滅多にないように思います。
一般的に、日本人の心の「ふるさと」などといえば、イメージされがちなのは、古い時代で出雲や伊勢、歴史時代で言えば、飛鳥・奈良、あるいはもっと新しい京都でさえあるかもしれません。
わけても奈良、大和地方というのは格別です。
それは大いなる「和」であり、やがては日本全体を指す言葉にもなっていったのですから……

しかし、なぜ、日向ではなく大和こそが故郷なのか?

それを理解するためには、むしろ、大和が「誰」にとっての故郷なのか?を問い直してみたほうがよいかもしれません。
こちらで考察した通り、神武天皇が大和の地に樹立されたのが、八紘一宇の「国民国家」に他ならなかったのだとしたら……
「日本国民」「大和民族」は神武天皇の建国の瞬間、大和・橿原の地で初めて誕生した、とも、言えるのではないでしょうか。
となれば、「日本国民」「大和民族」の誕生の地が、「日本国民」「大和民族」にとっての「ふるさと」であることは、当然すぎるほど当然でしょう。

人種や民族は、遺伝的・科学的に定義することもできるでしょう。
しかし、民族や国民は、より以上に、文化的・観念的・歴史的に定義されるべき存在かもしれません。
それは究極的には「われわれは何者であるか」という自己規定に帰着する問題であり、その自己規定の共有を可能にするものこそ「物語」の力なのではないでしょうか。
ある「民族」や「国民」の誕生とは、その民族や国民とは何者であるかを物語る物語≒共同幻想の成立に他ならないのであって、その物語を「神話」と呼ぶとすると……
「神話」の存在は民族・国民の存立の絶対条件であり、「神話」の喪失はただちに民族・国民の滅亡をさえ意味するのではないでしょうか。

そして、「物語(ストーリー)」は「ヒストリー(歴史)」の語源でもあります。

神代の「物語」と日本の「歴史」の接点。
神武肇国の物語/歴史は、まさにその特異点そのものであり、八紘が一宇となって生まれた日本国民・大和民族にとって、決定的に重要であるといわざるをえないように思います。
それは、くりかえし想起され、語られ、歌われ、描かれるべき国家・国民・民族の宝であり……
もしもその破壊や剥奪や隠蔽や歪曲を目論む勢力が実在するとしたら、民族・国民の総力を挙げてこれを駆逐せざるべからざること、明らかではないでしょうか。
信時潔:交聲曲「海道東征」/我国と音楽との関係を思ひて/絃楽四部合奏 - 弦楽オーケストラ版 -[SACD-Hybrid]
オーケストラ・ニッポニカ 第2集
「海道東征」信時潔 作品集
SP音源復刻盤 信時潔作品集成
「海道東征」への道
posted by 蘇芳 at 01:56|  L 「海道東征」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする