2016年12月23日

【動画】先帝陛下が殉国七士を親拝された事実

この年のこの日にもまた靖國のみやしろのことにうれひはふかし (昭和天皇御製)





動画概要:
1)2008/02/27 にアップロード
ゲストの若狭氏に依ると、昭和54年の5月、愛知・豊田市で開かれた植樹祭にお出ましになった先帝陛下が、わざわざ不便な"グリーンホテル三ヶ根"にお泊りになられ、早朝に同地にある殉国七士(いわゆるA級戦犯)の墓碑に向かって長い間直立不動の姿勢をとっておられた事実があるそうだ。
昭和帝がA級戦犯を忌避しておられたとは笑止と述べる若狭氏。
GHQの悪意により、七士が処刑された12月23日は今上陛下のお誕生日。多くの国民が祝賀してくれる日を慰霊の日にするのは先帝としては当然忍びないお気持ちであったことは自明のこと。畏れ多いことだが、私も上記のことは先帝なりの慰霊をしておられたのだ、と思う。
------
チャンネル桜 第20回「爆弾!」
「日本人が知ってはならない歴史-今までの「定説」が覆る!?」より抜粋。
ゲスト:
若狹和朋(元九州大学大学院客員教授・教育学博士)
東條由布子(東條英機元首相御令孫・NPO法人「環境保全機構」理事長)
司会:井上和彦

2)2009/07/11 にアップロード
東條由布子 女史@平成21年7月11日 殉国七士廟にて。
殉国七士廟については
http://www.google.com/search?hl=ja&safe=off&client=opera&rls=ja&hs=KSf&num=100&q=%E6%AE%89%E5%9B%BD%E4%B8%83%E5%A3%AB%E5%BB%9F&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

こちらでも言及した元侍従次長・木下道夫の「側近日誌」には、「これは迫水の話に、東条の憲兵を用いて民間を圧迫したる旨申し上げたるに関してのお話なり」と前置きして、昭和天皇の「東條評」ともとれる、次のお言葉が記録されています。
東条は民論を重んずべきことを屡々口にせり。しかるに迫水のような考えがありとすると、その原因は、東条が余り各省大臣を兼任して、自分の意思通り事が運び兼ね、軍務局や憲兵が、東条の名に於いて勝手なことをしたのではないか。東条はそんな人間とは思わぬ。彼程朕の意見を直ちに実行に移したものはない。上奏を了した参謀総長迄、直ちにこれを変更し、梅津にした様な次第である。要するに、彼は、近衛の聞き上手で実行しないのに反して、聞き下手で直ぐ議論をやるから人から嫌われるのであろう。殊にマリアナ以後は、大いにあせり気味であった、云々。
実際に開戦を避けることもできず、早期和平の機会をつかむこともできず、国内にも敵を増やした東條さんの手法・能力についてはさておき、その「人間」については、深い信頼をお持ちであったことが拝察できるのではないでしょうか。

それに加えて、動画のエピソードを耳にするとき、殉国七士に対する先帝陛下の真の大御心が、いかなるものであったのか……議論の余地があるでしょうか?

いわゆる富田メモが反日勢力の捏造であることも、白日のもとにさらされつつあります。
依存症の独り言:
やはりねつ造だった「天皇発言」
いわゆる「富田メモ」について(最終)
この国は少し変だ!よーめんのブログ:日経バレちゃったね!(天皇発言は実は藤尾文相発言なの?)
Shimarnyのブログ:「富田メモ」は日経新聞の捏造記事だったのか、「昭和天皇実録」の公開で浮かぶ疑惑
これを要するに、戦後70年、昭和天皇と国民の精神的紐帯を破壊せんとする卑劣なくわだてが、何者かによって行われつづけてきたということであって、その「何者か」こそが日本の真の敵であることは、明らかであるというべきではないでしょうか。

そして、こちらで述べたとおり、その「敵」が、(東條さんたちでないことはもちろん)、実は米国ですらないことも、今や明らかになりつつあるように思います。

殉国七士に対する誹謗中傷を捏造してきた者たち、
昭和天皇に対する誹謗中傷を捏造してきた者たち、
米国に対する誹謗中傷を捏造してきた者たち、
それらはすべてつながっている、
私たちの真の敵は、単なる「反日勢力」であるにとどまらず、実は「反米勢力」でもある、
ということは、ヴェノナ文書公開以降、もはや明らかではないでしょうか。
【動画】「江崎道朗の備忘録」第2回アメリカの保守派が戦っている相手とは?
【動画】VENONA ヴェノナ 解読されたソ連の暗号と共産主義スパイ活動
保守速報:
【緊急】公安調査庁が注意喚起「中国に有利な世論を沖縄でつくることで日本国内の分断を図る狙い」 沖縄の団体と中国関係者の交流活発化
【沖縄】那覇市役所前の抗議街宣に対し、中国人が登場「共産党だ! I’m from Shanghai」と正体バラすwwwwwwwwwwwwwwww
【沖縄反基地運動】オスプレイ墜落に対する抗議集会の会場後ろのフェンスにハングル旗 沖縄タイムス・高江取材班が激写
「皆さん、沖縄2紙の購読やめた方がいい。見たただけでストレス」沖縄市議会で議員が偏向報道を批判
おーるじゃんる:米軍北部訓練場のおよそ半分が返還される式典 翁長知事欠席←バカだろ
日米ともに、今度こそ、敵と味方を間違えないように、共闘すべきであるように思います。
そのためにも、歴史の真実を追究し、共有していくことが、必要ではないでしょうか。
posted by 蘇芳 at 21:21| 昭和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする