2016年12月17日

【動画】日露が北方領土の共同経済活動で合意 日ロ首脳会談共同記者会見


こちらのように自称保守方面からも批判の声がかまびすしい日露首脳会談ですが、しかし一応、安倍総理を評価または擁護するためにアクロバティックな裏読み・深読みをしようとする人もいなくはありません。正直、眉唾な気もしますが。かといって脊髄反射で「売国ニダ」では敵を喜ばせるだけというのも戦後日本の狂った現状。
多少は擁護方面の声も聞いておきましょう。






安倍総理を擁護できる可能性がカケラでもあるとすれば、この対支那戦略の話くらいでしょうか。
産経ニュース:日露2プラス2開催へ日程調整開始 対中念頭に協力拡大
親中売国奴が慌てている気配もなくはないようではあります。
保守速報:【日露首脳会談】自民・二階幹事長「国民の皆さんの大半は(首脳会談の成果に)がっかりしている」
しかし、米国の意向も不透明で安倍総理が秘密主義を貫いているかぎり、今のところは、いずれ、希望的観測にすぎないとしか言い様がないでしょう。
また、たとえその観測が事実だったとしても、そのバーターが領土・主権だというのなら、売国のそしりは免れません。

これだけ事情通ぶって冷静そうに語っている動画でも、二本目の後半ではさまざまな懸念を並べているように、ロシアというのは信用するだけ無駄な敵国です。
それがソ連時代だけのことではない、ロシアの伝統であることは、カクメイ以前の歴史を顧みれば明白でしょう。

対中包囲網だ何だと息巻いたところで、
守られるはずのない約束に何の意味があるのか。
裏切ることがあらかじめ確定している「味方」を作ることに意味があるのか。
机上の空論ならいくらでも「利用価値」を並べることはできますが、売国奴だらけで国を守るまともな法制すら完備していない日本に、そんな「こうどなせんりゃく」が使いこなせるのか。
はなはだ疑問であるといわざるをえません。

安倍総理は、二言目には平和条約のない状態が「異常」だと言いはっていますが、私にはそもそもそれがサッパリわかりません。
現在進行形で日本を侵略中の敵国との間に平和条約の無いことの何が異常なのでしょうか?
お金を払ってでも敵国と仲良くしたがる為政者のほうがよほど「異常」ではないでしょうか?
かつて米国議会演説で日露戦争に言及した安倍総理。今度は水師営の会見でも気取りたいのかもしれませんが、そんなものは戦場で勝ったうえでの話です。
『平和を望むなら戦争の準備をせよ』
敵と戦う意思もない朝貢外交は、つまり最初から負けているのであって、そもそも「成否」を語る資格すらありません。
唯一の救いが、協議の「開始」に合意しただけで、まだ何も始まっていないこと、というのでは、情けないにもほどがあるでしょう。
それがそうではない、安倍総理の「真意」は別にあるというのなら、いいかげん、それを説明する責任が、為政者にはあるのではないでしょうか。

昨年の年末も、売国云々で保守方面が騒ぎになって、その結果たるや実は……ということはありましたから、今回も、冷静に見守りたい気持ちはありますが……
そこへたどりつくまでの、何十年もの売国のツケはあまりにも大きすぎたようにも思います。
懸念するなというほうが無理というものでしょう。
ラベル:北方領土
posted by 蘇芳 at 15:50| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする