2016年11月28日

【動画】小野義典の国際法講座~あなたならどうする?第9回「 条約法に関するウィーン条約」


チャンネルくららから「小野義典の国際法講座」第9回。



とりあえず冒頭は前回のつづきというか言い訳のような動画ですが。
百年以上先~などといっていないで、ロシアがそう言ってくるように「仕向ける」のが外交であり、その裏付けが武力ではないのですかねぇ。小野氏が江崎氏と一緒になって唱えている「防衛予算10兆円」は口先だけですか。という感じです。

本題のほうは、昨年末の時点から、一部ネット上では「安倍の嵌め技」ということは言われていたと思います。
NewsUS:
【朗報】韓国政府がこれから設立する財団は【 全世界の慰安婦 】が支援対象であることが確定www 外務省に問い合わせた結果公的な見解が得られたぞ!!!2016.01.02
【拡散】安倍内閣は今回の日韓合意が破談になると確信してる!!!? 「この合意でキレるやつは嫌韓初心者。古参は大勝利と喜んでる」「世界を巻き込むのでワクテカしてる」2015.12.30
【韓国発狂】安倍首相の韓国分断作戦がついに 炸 裂 キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!! 2ch「離韓の計キタコレ」 www2015.12.30
アメリカ政府「韓国人はもう慰安婦像を作るのやめろ。な?」 在米韓国人「ぐぬぬ!!絶対撤去なんてしないニダ!!!」 予定通り韓国側が泡食っててワロタwww2015.12.29
出すべきか出すべきでないかといえば「出すいわれがない」ことは言うまでもありません。
しかしそこはそれ「野蛮で幼稚」な国際社会。
戦略的に「あえて」ということもあるのかもしれませんし、実際に出してしまいました。
そこで「あえて」出した意図が、動画で言われているような「米国の意向」なのか、(一部ネットで言われているような)別の何かなのかによって、話は根本的に変わってくるでしょう。
そして、後者の話も究極的には「米国の意向」なわけですから、半島そのものよりも、米国の安全保障、要するに(ホワイトハウスや国務省よりも)米軍・国防総省の意向というものが鍵になってくるとも言えるのかもしれません。

つまるところ、動画ではオバマがどうこうともいわれていますが、1年近くが過ぎて、その前提が壊れ始めていることにも注意が必要でしょう。「米国の意向」は、いわゆる「トランプ・ショック」に見る米国の「変化」とも照らし合わせて考えるべきなのかもしれません。
江崎氏に言わせればその「変化」は何も今に始まったことではないのでしょうしね)

消費税8%の安倍総理や反日害務省にそこまでの覚悟があるのか、信用できるのかという声は当時からありますが……
何にせよ、朴政権が崩壊した後、次の政権とやらがあるとすれば、またぞろ国際合意を反故にしようとすることは既定路線です。
そのときになお性懲りもなく売国をくりかえすのか、今度こそきちんと突っぱねるのか。正念場はそちらでしょう。国民はきっちりと監視しておかなければならないのではないでしょうか。
posted by 蘇芳 at 15:13|  L 「小野義典の国際法講座」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする