2016年11月09日

【動画】四季の営み ‐春‐&‐夏‐ ISE-JINGU 【伊勢神宮】


神社の四季といえばこちらこちらで靖国神社のPVを見ましたが。
今回は伊勢神宮の公式PV。
まずは春~夏です。





動画概要:
2015/12/09 に公開
春夏秋冬、巡りゆくゆく季節のなかで「春」を見つける。
伊勢は今日も美しい。

2015/12/09 に公開
春夏秋冬、巡りゆくゆく季節のなかで「夏」を感じる。
伊勢は今日も美しい。

伊勢神宮オフィシャルWEBサイト:祭典と催し/祭典・催しカレンダー
http://www.isejingu.or.jp/ritual/calendar/index.html

もう少し解説的なテロップくらいはあってもいいような気はしますが、まあ、きれいな映像でした。

春の田植えから、夏の最後には稲穂が実りつつありましたね。
伊勢神宮は皇室の祖先神であり、日本人の総氏神であると同時に、農業・穀物・特に稲作の神様でもあるのでしょう。

内宮の天照大神様は地上に斎庭の稲穂を分け与えてくださった神様ですし、
外宮の豊受大神様は、こちらのような説もありますが、一般的には御饌都神であり、食物・食生活を司る神様。広義には大地・自然の恵み、豊穣の神様といってもよいでしょうか?
また、伊勢神宮の創建へと至る一連の御巡幸は、第十代崇神天皇の御代に神鏡を宮中から「倭笠縫邑」にお遷し申し上げたことに端を発しますが、この崇神天皇様は、
農 天下之 大本 也
と詔された天皇でもあらせられました。

農業・稲作は、日本人の生活の、まさに中心でした。
単に食物として、貨幣として、現実経済の中心であるという、唯物的な意味にとどまるものではありません。
稲が皇室の起源にもかかわる聖なる作物であり、稲作が皇室の祭祀のなかで重要な位置を占めていた以上、それはむしろ、国家にとっての、日本国民にとっての、観念的中心としてこそより重要だったのではないでしょうか。

神宮の暦が稲作を中心にした農事暦でもあることは、今さら言うまでもないことかと思いますが……
四季を通じて生育する作物の営みは、こちらで考察した「時間の輪」の循環を表象する、最適のモチーフでもあるかもしれません。

春が来て夏が来て秋が来て冬が来てまた春が来る。
そうして同じ「1年」がまたくりかえされ……
気がつくと20年の「式年」を迎えている。

伊勢の式年である20年という時間は、生まれた子供が大人になるのに十分な時間でもあり……
平均寿命が短かった時代なら、昨今の未熟な「成人」とは違う本当の意味で「一人前」になるのに十分な時間でもあったでしょう。

つまるところ「季節」の変遷は、「一年」の循環につながり、
「一年」の積み重ねは、「20年」のサイクルを形成し、
それは世代の「交代」と伝統の「継承」をも意味しているのではないでしょうか。
ラベル:神道 伊勢神宮
posted by 蘇芳 at 03:28|  L 伊勢神宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする