2016年11月03日

【動画】五箇条の御誓文


ということであらためて五箇条の御誓文を奉読しておきましょう。





動画概要:
1)2008/11/05 にアップロード
慶応4年(明治元年)3月14日、明治天皇は京都御所紫宸殿に公卿・諸侯以下百官を集め、維新の基本方針を天地の神々にお誓いになりました。明治天皇は白の御引直衣をお召しになり玉座に南面し、御神前に御身体をお向けになっておられます。この日、天皇みずからが国難の先頭に立って伝統あるこの国を護り、世界各国との親交を深めつつ国を隆昌に導こうとするにあたり、国民への協力を求める告諭(宸翰)が、御誓文とあわせて布告されました。ここには日本の民主主義の基本と、普遍的な理念が示されております。私たちは明治維新の尊い精神を継承し、その心を現代に生かすことが肝要です。今年(2008)は五箇條の御誓文布告140年です。
2)2014/10/10 に公開
一 廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スヘシ

一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ經綸ヲ行フヘシ

一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マラサシメン事ヲ要ス

一 舊來ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ

一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ

我國未曾有ノ變革ヲ爲ントシ朕躬ヲ以テ衆ニ先ンシ天地神明ニ誓ヒ大ニ斯國是ヲ定メ萬民保全ノ道ヲ立ントス衆亦此旨趣ニ基キ協心努力セヨ

 年號月日 御諱

上の動画に引用されていた平泉澄「物語日本史 下 (講談社学術文庫 350)」は、権利者の許諾済みなのかどうかはさておき、
「少年日本史」明治維新
↑で一部は読めてしまったりもするようです。
もっともあくまで「一部」。
肝心の部分は「中略」だらけのようですから、ぜひとも購入して熟読玩味していただきたいところ。
個人的には勝岡寛次「明治の御代―御製とお言葉から見えてくるもの」などもお薦めです。

近代日本の民主制度の原点が、天神地祇への起請文、であることの意味・重みにも、同時に思いを致したいものです。
物語日本史 下 (講談社学術文庫 350)
物語日本史(下) [ 平泉澄 ]
明治の御代―御製とお言葉から見えてくるもの
明治の御代 [ 勝岡寛次 ]
posted by 蘇芳 at 20:20| 明治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする