2016年11月03日

【動画】文部省唱歌 明治節 (明治神宮)


11月3日は明治節
明治神宮:Q&A>11月3日の「文化の日」はなぜ「明治節」と呼ばれていたのですか


動画概要:
2011/03/02 にアップロード
祝祭日唱歌 明治節 指揮 古橋富士雄(文部省唱歌)
ボローニア・ヴォーカル・アンサンブル
日本の祝祭日唱歌は讃美歌のよう。ぜひとも学校でも教えるべき、素晴らしい文化遺産なのに、戦後の録音を探すのが大変という現在の有様だ。オペラ歌手は外国の歌ばかり歌ってないで、日本の歌を歌ってくれよと言いたい。

めでたい日に難しいことは言いませんが、こちらなどを見ても明らかなように、反日左翼が反対する物事というのは、日本にとって、ひいては人類にとって素晴らしい「価値」ばかりです。
素晴らしいものなのに、ではありません。それが素晴らしいものだからこそ、彼らはそれを否定しようとするのですし、否定せずにいられないのでしょう。
何となれば、人類にとっての普遍的な価値の敵、文化・文明および秩序と平和の敵、要するに人類の敵、という……それが反日カルトの教義の本質であり、卑劣漢という言葉の究極の意味なのでしょうから。
posted by 蘇芳 at 00:28| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする