2016年10月26日

【動画】Protecting our Peaceful Sky ~ 航空自衛隊の6つのミッション ~


航空自衛隊チャンネルから。


動画概要:
2016/06/20 に公開
「航空自衛隊は、多種多様なミッションに着実に対応し、あらゆる事態に備えている。
今もこの瞬間も、日本のどこかで訓練が行われ、任務が着実に遂行されている。
全ての航空自衛官の思いはひとつ、平和に満ちた空を守るために。」

現場の隊員さんたちには感謝と敬意しかありませんが。
政府は、民間は、彼らの日々の努力に十分に応え、支えることができているでしょうか?

冒頭でヨーロッパと日本の地図を重ねた画像が登場しました。
外国のスパイたちは「小日本」と罵りたいのでしょうが、日本は物理的に「大国」です。
naglly.com:同緯度と同サイズでアメリカ東海岸に重ね合わせた日本地図
みんなの知識ちょっと便利帳:地図を重ね、日本と世界の大きさを比べる
一般財団法人国土技術研究センター:意外に大きい日本の国土
自衛隊の「装備」は最強、と、よく言われますし、それ関連の書籍や動画は多いですが……
この広大な領土・領海・領空を守りきるためには、「質」と同時に「量」も重要なのではないでしょうか?

その量は十分か? その量をまかなうための予算は十分か?
その「質」「量」の拡充を妨害しようとしつづけてきた勢力の排除は十分に進んでいるか?

上の動画にも「欠員が出ても任務を遂行できる」だの「日本ではできない実弾訓練」だの、考えさせられる言葉が、いくつも、さりげなく、登場していました。
戦後70年。
日本を貶め、卑しめ、国家を侵蝕しつづけてきた反日勢力の正体が、ようやく、多くの国民の目に明らかになりつつある現在。この長いブランクを埋め、正常な国家観、正常な国防意識を取り戻すことは、私たち民間人にこそ求められてしかるべき責任であるように思います。
ラベル:自衛隊
posted by 蘇芳 at 21:10| 自衛隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする