2016年09月10日

【動画】「じっくり学ぼう!近衛内閣」第1回 歴史に学ぶ日本の滅ぼし方講座 


チャンネルくららから。



近衛文麿については共産主義の記事で何度も触れているので当ブログではすっかりおなじみですが。
あらためて彼の「事績」を振り返ってみると凄まじいですね。

なぜこんな人が首相になったのか?という70年前の問題は、
なぜこんな人が国会議員をやっているのか、という現代の問題と通底しているようにも思います。
結局のところ、当ブログでも何度もくりかえしているように、今も昔も日本の「敵」は常に同じ、ということかもしれません。

愚者は体験に学び、賢者は歴史に学ぶ、と言いますが……
近衛内閣の背信の歴史は、戦前のみならず戦後の「闇」との戦線においても、しっかり認識・検証しておくべき「戦訓」の宝庫ではないでしょうか。

Amazon:
近衛文麿の戦争責任
大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義 (自由選書)
ヴェノナ
コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く
アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄 (祥伝社新書)
日本人が知らない最先端の「世界史」