2016年07月05日

【動画】靖国神社の歌




靖国神社に取材した唱歌は複数あるようですが、上の動画は、大正元年に尋常小学四年生の唱歌として採用された、作者不詳の楽曲のようです。
リンク先では音楽が流れるので注意ですが↓
うたごえサークルおけら:靖國神社(F)

現在では滅多に聞く機会も歌う機会もないでしょう。
靖国に限らず、戦前は普通に歌われていた数々の名曲が、戦後は抹殺されています。
いわゆる「小学唱歌」と銘打ったCD音源は多数販売されていますが、そこに「紀元節」や「水師営の会見」「廣瀬中佐」「海ゆかば」などなどが収録されていることは、ほとんどないでしょう。
有名な「蛍の光」でさえ、三番四番は、抹消されているのが現状です。
いわば、戦後の唱歌は「去勢」されつづけています。

日本が、神代の素戔嗚尊のころから、「歌」とともにあった国であるとすれば、人々に歌い継がれてきた・歌い継がれるべき「歌」の抹殺もまた、日本国民の精神の圧殺を意味する企てではないでしょうか。
奪われた「日本の歌」を取り戻すことも、広い意味で、「日本のこころ」を取り戻すことにつながるような気がします。
白雲のよそに求むな世の人のまことの道ぞしきしまの道(明治天皇)

歌から生まれた不思議な不思議な日本の国
名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで
歌われたのは軍歌ではなく心の歌―語り残す戦争体験
ほんとうの唱歌史「海ゆかば」~
posted by 蘇芳 at 15:41|  L 靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする