【読書】佐藤和男 / 終戦五十周年国民委員会「世界がさばく東京裁判」

 

遅ればせにもほどがありますが。
以前、チャンネルくららかどこかの動画で、当ブログで勝手におなじみの江崎道朗さんがかかわっていると言われていた本。
ようやく入手。一読しました。
日本人なら読め、というか。日本人以外でも、人間なら読めと言いたいレベルの名著です。
何となれば、国際法違反の東京裁判で踏みにじられたのは、単に日本だけではなく、国際法そのものであり、つまり国際社会そのものだったのでしょうから。。続きを読む
posted by 蘇芳 at 02:49|  L 東京裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

いったん


まもなく地元で選挙があるのですが。
どーせいつもの茶番だろ、と、思いきや。
微妙に面白そう (「JUIS2019」の動画、わけてもワタセユウヤの地方自治体とかタックスイーターの話など視聴した後だと特に) な第三の候補がいることが判明。
もし、万一、何かの間違いで、多少なりともマトモな候補である可能性が微粒子レベルで存在するのなら……と思って動画や公式サイトなど調べてみたのですが。
別に投票を促したわけでもない、支持者の選挙運動ではなくあくまで第三者の調査・分析ですが。そうはいっても、調べれば調べるほど、価値の判断は入ってくるわけで。別に問題はないはずとは思うですが、時期的に、どこからどんな言いがかりをつけられるかわかったものではない。
また、逆に、まだ支持の確信もないのに、応援しているみたいになっても違和感がある。
ので、とりあえずいったん没記事にしました。
いずれ、そうすべきと思えたら、またあらためてその人の動画なりなんなり視聴してみてもよいかなー、と、思います。
とりあえず参考になりそうな本https://amzn.to/37acSv1を一冊注文したりはしたので。読み終えるのにそんな時間がかかるわけでもなさそうだろうしな。というところです。
posted by 蘇芳 at 18:46| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする